CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 塾長ブログ > 中学受験 VS 浦高受験 ②

中学受験 VS 浦高受験 ②

明けましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

1月に入り、始まるのが埼玉県の中学入試ですね。

だいたい、埼玉県内というより都内からの受験生が大量に押しかけています。

都内の中学入試は2月からなので、その練習でみなさん受験をしているわけです。

 

志望校でなくても練習で偏差値の高い子も受験しますので、相当厳しいです。

 

都内が全滅で埼玉の学校に受かった偏差値の高い子は埼玉に来るしかないので、

結果的に学校のレベルも上がってくるでしょう。

また、競争が激しくなれば学校の質も問われるので今後よい学校に成長するところもあるでしょう。

 

ただし、今のところ、高校入試では浦高受験の滑り止めの学校が多いですね。

滑り止めにもならない学校もありますし。

公立中学校の最上位でなくても中・上位なら十分狙える学校が多いです。

 

雄飛会としては、そこに行くなら浦高挑戦できるぞ!!と大きな声で伝えたいですね(笑)

いいから高校受験で成り上がれと(笑)

 

都内の学校でさえ浦高より色んな意味で良い学校は少なくなってきました。

伝統・文化・教育方針・進学などなど。

 

流行、偏差値で受けているのではなく、学校の魅力で受けている方も多くいらっしゃるでしょうから無理強いは出来ませんが、中学受験の学校だけではなく、公立高校受験にも目を向け、それも選択肢に持つことで余裕を持った受験ができます。

 

また、中高一貫高、例えば市立浦和についてのお問い合わせも多いので、触れておきます。

 

結果からいうと、偏差値の高い子も落ちていますし、偏差値が低くても合格していたりします。受験エリートだけでなくまんべんなく合格しています。

 

そして、彼らの大学受験の結果を見なければ、どんな学校なのかは不透明なままです。

 

もともと高校受験では超人気校なのですが、楽しい高校生活があるためか入口ほど出口は良くないのも事実でしたので、どんな学校になっていくかがわからない状態で受験をお勧めすることは雄飛会としてはできません。

 

ものは試しでの受験はありだとは思いますが、合格すると浦高合格の権利を手放すことになります(笑)

 

また、最近は塾などで中高一貫校対策などが増えていますね。

自分も塾用教材の作成を依頼されたことがあり、実際に作成していますが、勉強としては面白いですね。しかし、向いている子と向いていない子とはっきりしていますし、育てるには時間がかかりますので普通の勉強をしっかりやっていくことのほうが重要だと感じています。

 

学力に余裕があればどうぞ。

 

つづく

 

Facebook Twitter