CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 塾長ブログ > 中高生の読解力は落ちている!

中高生の読解力は落ちている!

2020年大学入試改革以降の

国語に対応するために

 

Benesse「語彙・読解力検定」試験のご案内

ご案内とお申込書

 

 

 

語彙・読解力検定試験を受験する意義について

―中高生の読解力は落ちている!―

 

2015年のPISA(OECD生徒の学習到達度調査)にて

日本の15歳の読解力が2012年の4位から8位に落ちました。

(参考ページ:

国立教育政策研究所 PISA2015年調査国際結果の要約

朝日新聞デジタル記事

http://www.asahi.com/articles/ASJD25TN6JD2UTIL04D.html

 

 

PISAの結果についての分析は、

紙幅の都合からここでは避けます。

ともかく、日本の中高生の読解力が下がったという

有意な数字が出た事実を受け止めましょう。

 

どんな資料や文章が課されるのであれ、それらに対する

正確な読解や分析、さらには批判的な読解までもが、

2020年の大学入試改革以降の試験(今の中学3年生から)

では求められるようになります。

 

2020年度以降の大学入試における国語では、これまでのよう

な評論、小説、古文、漢文に加えて、複数の資料を読み取らせ、

80~120字程度の記述をさせる問題が課されるようになります。

 

(多数の受験生の記述問題の採点をどのようにするのかという

問題も挙げられてはいます。しかし、AIの開発が進んでおり、

AIによる採点が可能になるとも言われています。したがって、

記述問題を実施する技術的困難はなくなります。)

 

たとえば、以下のような問題です。

大学入学希望者学力評価テスト(仮称)

「国語」記述式の問題イメージ<例1>

文部科学省高大接続システム会議(第9回)配布資料

「別紙3「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」

で評価すべき能力と記述式問題イメージ例【たたき台】」より

 

 

 

こうした記述問題を解くためには、

①実用的な文章・資料を正確に読み取り、

②複数の情報を整理・比較・解釈し、

③それらの情報を統合したうえで、

文章を記述する必要があります。

 

「語彙・読解力検定」では上記の①~③の三つの力が試されます。

語彙・読解力検定では実際に複数資料の読解・分析・総合を

問う問題が出題されます。

2020年大学入試改革以降の入試制度に対応するためにも、

はやくからこの検定を受験して、訓練しておくことは

間違いなく得策です。

したがって、雄飛教育グループでは、「語彙・読解力検定」の

学習・受験を推奨しております。

 

 

また、現行の入試制度のなかでも、複数資料が与えられたり、

課題文が与えられたりして、小論文を書くという試験がすでに

実施されています。

小論文を書くための社会的背景知識や語彙を増やすという

目的においても、語彙・読解力検定を受験する意義があります。

実際に、この語彙・読解力検定の問う語彙力を鍛えることは、

小論文対策においても非常に有益です。

 

 

雄飛会は、「語彙・読解力検定」の公式会場となっております。

ぜひ積極的に勉強のうえ、「語彙・読解力検定」にチャレンジして

いただきたいと思います。

 

【雄飛会・修身塾・潜龍舎・文武館 お問い合わせ先】

yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com(代表一柳メールアドレス)

090-3437-6907(代表一柳携帯)

tadahiro-funky-edu@ezweb.ne.jp(代表一柳携帯アドレス)

 

成績爆裂向上のきっかけ!
塾長直接指導の体験授業お申し込み!

目指せ450点以上!浦高・一女・大宮への第一歩!!
1週間の無料体験授業を英語・数学・国語と受講して下さい。
成績爆裂向上のきっかけを塾長と見つけましょう!
無料体験授業のお申し込みはこちらのフォームからどうぞ。

Facebook Twitter