CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 塾長ブログ > 2012 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

2012 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

2012 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

 

インドネシア、フィリピンなどの東南アジア諸国、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ諸国、アフリカ諸国など、日本と国際関係が密接な国は、50%以上が「良い影響」と答え、日本に好評価を与える傾向がうかがえる。(98字)

 

中国は、日本が「世界に悪い影響を与えた国」だと考える人が71%おり、世界各国の中で比べても圧倒的な割合であり、最も日本に対して悪い印象を持つ人が多いことがわかる。(81字)

 

スポーツ事業への国家的資本の投入の結果、国際大会などにおいてスポーツは、国の威信をかけた闘いとしてとらえられるようになった。歴史的な中国との関係や国際関係上の軋轢によって、中国の人々は日本に対して、良い印象を持っていないようだ。スポーツにおいてもこうした日本への悪感情が維持されれば、スポーツそのものが成立しなくなってしまう。スポーツにおける対立構造が、国に対する印象や評価を悪化させないようにするには、どうしたらよいだろうか。

私はスポーツ科学科で学び、アスレティックトレーナーになろうと考えている。アスレティックトレーナーは、選手を運動面、健康面、精神面で支える存在だ。選手を支えると言う意味では、この仕事に敵や味方は存在しない。こうした考えから、スポーツという文化を支える存在としてアスレティックトレーナーの仕事には大きな意義があると考える。私が志望するスポーツ科学科は、スポーツにおけるトレーニング方法や健康にもとづいた身体運動のあり方、さらに専門的な医療の知識も身につけられる。こうした知識や技術を活かして、アスレティックトレーナーとして、日本人だけに限らず、世界のさまざま国のスポーツ選手を支えていきたいと思う。そして、この仕事の結果が最終的に中国をはじめとする世界の人々からも評価されるようになれば、日本についての印象や評価も変えることができると考える。(583字)

 

・順天堂大学スポーツ科学部推薦入試小論文について

近年は、課題文型小論文が出題されています。

小論文のレヴェルとしては、順天堂大学の問題は

標準的なものではあります。しかし、

何も訓練していないと簡単には書けませんよ。

小論文対策は、はやめに行うに越したことはありません。

そして、きちんとした添削指導を受けてください。

潜龍舎では採点基準を熟知した講師が

刀剣を作るように鍛え上げていきます。

具体的なアドバイスによって、

「合格する小論文答案」を作成できる

指導を行います。

 

・潜龍舎の指導は、全国対応!

潜龍舎では、双方向通信システムZOOMを用いた

対面指導を行うため、全国対応です!

これまでも福島、京都、神奈川、群馬など、

遠方の生徒さんの指導を行ってきました。

インターネット、wi-fiがつながる環境

順天堂大学志望の全国の受験生のみなさん、

AO・推薦入試対策はもう始まっています。

ライバルはすでに対策を始めていますよ。

まずは、ご遠慮なく下記のフォームより、

お問い合わせください。

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

Facebook Twitter