CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 塾長ブログ > 大きな差を生むちょっとした違い、飛躍のためのタメを生み出す総復習、冬期講習会

大きな差を生むちょっとした違い、飛躍のためのタメを生み出す総復習、冬期講習会

3年生は土日特訓が始まり、第一志望合格へ向けてグイグイやっていきます。

 
土曜日は、埼玉県国語対策、理科社会記述対策。
日曜日は、埼玉県5科目予想問題演習(全11回予定)。

 
こちらが土日特訓用教材(笑)

 

IMG_0672

 
えっ?多い??

 
いやいや、まだこれに冬期講習会用のテキストがありますよ(笑)

 

 
1、2年生は受験学年で飛躍するための総復習を一問一問ごまかさずにやっていきます。

 

転塾組もここで今までの負債を解消して、飛躍への土台をつくりましょうね。

 
12月25日~30日、1月3日~6日で開催します。

 
中3生 募集停止
中2生 募集人数2名
中1生 募集人数3名

 
雄飛会は自習および中間・期末テスト道場で
全学年の全メンバーが同じ教室で勉強いたしますので、
机の数がなくなり次第、全学年募集停止とさせていただいております。

冬期講習前のお問い合わせ、体験授業等が増えております。

 
お問い合わせはお早めにお願いします。
yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com(代表一柳)まで
090-3437-6907(代表一柳携帯)

 

 
さて、大きな差を生むちょっとした違いを。

 
ベネッセ教育総合研究所の「小中学生の学びに関する実態調査」より。

 
中学生の1日の学習時間は「成績上位」は1時間35分、「成績下位」は1時間13分。
その差、たったの22分。

 
この30分の継続した積み重ねが差になっているのですね。

 
そして、もう1つ。
「成績上位×学習時間短い」中学生と「成績下位×学習時間長い」中学生の違い10ポイント

・何からべんきょうしたらよいか順番を考える

 
・目標を決めて勉強する

 
・計画を立てて勉強する

 
・何が分かっていないか確かめながら勉強する

 
・重要なところはどこかを考えて勉強する

 
・問題を解いた後に○つけをする

 
・テストで間違えた問題をやり直す

 
・勉強の計画がうまく進んでいなければ見直す

 
・マルつけをした後に解き方や考え方を確かめる

 
・問題を解いた後にほかの解き方がないかを考える

 
雄飛会の「飛躍のための秘伝の書」の前提条件が並んでいますね。

 
この段階を早く卒業して、雄飛流まで磨いていくこと、
これが「成績最上位の秘訣」になります。

 
雄飛会は「成績最上位×学習時間長い」で圧倒的成績を狙う塾です。

Facebook Twitter