CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 塾長ブログ > 気付いているか?達成するか、しないかの分岐点

気付いているか?達成するか、しないかの分岐点

【新中1生以下の小学生が直面する2020年問題を斬る雄飛会セミナー】

【早稲田か国立か?戦略的大学受験修身塾セミナー】

 

3月8日(日)に開催。時間は未定。

決まりましたら内部生にはお手紙で、お申し込みの方はメールでお知らせします。

 

お申し込み希望の方は、「セミナー希望」の件名で、

yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com

までお願いします。

 

【学年末テスト道場】

受験直前の受験生と同じ空間、緊張感で!

中3生のオーラある背中を感じましょう。

2月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)

9:00~12:00、14:00~17:00、19:00~22:00で開催。

 

【新入塾生体験授業】

新学年は3月にスタートします。

入試まで受験生対応を最優先としていますが、若干名ずつ体験生をお受けしております。

今年も卒塾生の席の分だけの募集になります。

 

 

さて、分岐点。

 

「自己ベスト、向上心、克己心」がうるさく繰り返される雄飛会では

「目標」を持つのは当然というか、持たなきゃ始まらないというか。

 

「富士山に登ろうと心に決めた人だけが、富士山に登ったんです。

散歩のついでに登った人はひとりもいませんよ」

とよく塾生に言っているのでね。

 

目標が明確にあるかどうかで、まず「差」はついているのよ。

 

でも、みんなね、「こうなったら最高!」的な目標は簡単に持てるの。

 

そりゃ、1位だって、満点だってね。

 

達成する人も、達成しない人もみんなね。

 

じゃ、次に何が大切かというと、

継続とか色々大切な要素はたくさんあるけれど、もう1つ大切なものを。

 

「最低限どこまでやらなければいけないか」

という日々の基準がどれだけ高いかということ。

 

この基準なんだよね。

 

達成できない人は、この最低ラインが低いのよ。

部活が疲れた、眠い、テレビ見たい。。。とかね。

何もやらない。

 

厳しい日々の「最低ライン」を持ちましょう。

1日にこれだけは。30分だけは。1ページだけは。

歯磨きとかと同じ。

 

「こうなったら最高!」という目標の明確さで「差」が生まれ、

「最低でもこれぐらいはやる」という基準の高さで、その「差」が大きくなっていく。

 

基準を高めよう!

 

一柳は次作の出版に向けて、最低1日1枚は原稿を書きます(笑)

 

 

学年末に向けての『飛躍の書』『トレードオフの関係と優先事項』をお読みになりたい方は

こちらを ↓ をクリック。

飛躍の書

トレードオフの関係と優先事項

 

 

 

Facebook Twitter