CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 文武館ブログ > 【市立浦和、蕨、浦和西】英文法の学習の基本【ネクステージ】

【市立浦和、蕨、浦和西】英文法の学習の基本【ネクステージ】

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ネクステ」、「頻出英文法・語法問題1000」が基本路線

 
早稲田在学時に、「ネクステージ」を10周したという後輩がいた。
学習のスピード・集中力が尋常じゃない化け物だ。

 
彼は早稲田6学部制覇をした猛者中の猛者だが、
知識の量と受験成就率は比例するという、
現行の入試制度の典型的な例だ。

 
事実、長文読解の問題の出題形式は、
すべて英文の内容を一致させるだけではない。
当然、文法の理解度、語彙や熟語の理解も問われる。

 
「ネクステージ」を極めることはかなり理にかなった受験戦略だ。

 
しかし、一人で「ネクステージ」を極めるのは難しい。
というのも、良問は多いが、解説の量がやや少ない印象がある。

 
より詳しい解説を求めるならば「頻出英文法・語法問題1000」
難問の比率が増えるのがネックだが、解説は非常に詳細だ。

 

速習派なら「ネクステージ」。徹底派なら「頻出シリーズ」。

 
英語嫌いは中学英文法から。一人で参考書を読める?

 
英文法の学習は英語嫌いにとってかなりキツイ。
いきなり「ネクステージ」など参考書に挑んでも
英語嫌いに拍車をかけるだけだ。 

 
関係詞、分詞、形式主語構文、、、
いちいち文法用語が飛び交う。なんか小難しい。
分詞とはこうだ!と言われても
分かった気になっただけで、すぐに忘れてしまう。

 

英語嫌いの心理はそんな感じだろう。

 

野球の初心者がコーチにバッティング理論を教わっても
なかなか真似ることができる気がしないのと同じだ。

 
いきなり150キロのボールを打てるようにはならない。
初心者は理論よりまず体を動かすべきで、
80キロ、90キロと順番に打てるようにするのが正攻法なのだ。

 
英語嫌いも簡単な問題から着実にステップアップするのがよい。
中学レベルの問題を解きながら、文法用語をしっかり理解するといいだろう。

 

受験当時、私も中学英文法からやり直した。
部活引退後より勉強を始めたが、
学年最下位から現役で法政、
浪人で早稲田に合格することができた。

 

中学範囲の見直しも、弱者の戦法の一つ。

 

県立入試の英語を満点をとれないのであれば
中学範囲が完ぺきとは言えない。
一つの指標として参考にしてほしい。

 

次回は英語構文について更新します。

 

 
講座案内

「逆転GMARCH養成講座(英文法)」
自学に必要な文法知識の定着を図ります。
打倒ネクステージ!一緒に倒しましょう。
対象 センター英語 ~130点台の生徒。

 
「逆転GMARCH演習講座(英文法)」
大学入試本番を見据えて文法知識を増やしていきます。
受講前に志望校をお伝えください。
対象 センター英語 140~160点の生徒。

 

英単語ターゲット1900速習徹底演習講座

はこちら。

 

【部活引退 逆転GMARCH合格 戦略構築大相談会】

実施中!

および

【無料体験授業】受付中!

LINEからお気軽にお問い合わせください。

友だち追加

 

 

【雄飛会・修身塾・潜龍舎・文武館 お問い合わせ先】

yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com(代表一柳メールアドレス)

090-3437-6907(代表一柳携帯)

tadahiro-funky-edu@ezweb.ne.jp(代表一柳携帯アドレス)

「体験授業希望・入塾希望」とお知らせください。

 

Facebook Twitter