CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 君の「先生」は本当に大丈夫なのか?

君の「先生」は本当に大丈夫なのか?

AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎

LINE@始めました。

AO・推薦入試について、小論文についてなどご質問や

ご相談にお答えいたします。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。

友だち追加

 

 

 

最近、若い人がよく使う言葉に「なので」があります。

中高生も日常会話でよく使っています。

「〇〇〇です。なので、~~」と順接を表す言葉のように

使われています。もともと「なので」は、

形容動詞の連体形の語尾または断定の助動詞「だ」の連体形

「な」に、接続助詞「ので」がついたものです。

たとえば、「上手な」が「上手なので」というように

活用の一部だったわけです。だから文頭に「なので、~~」

は新しい使い方ですね。

 

「この用法は間違っている、正しい日本語ではない!」

「日本語が乱れている!」などと本気で怒る、

「正しい日本語」推進委員会のような人たちもいます。

しかし、佐藤は「正しい日本語」なんてないと思っています。

言葉は生き物であり、どんどん変わっていくからです。

新しい言葉の使用法のほうがおもしろいので、

佐藤もどんどん新しい言葉をとりいれてく姿勢を持っています。

 

とはいえ、論文には、論文のなかで使うべき言葉のルールがあります。

小論文では「なので」のような口語的用法はダメです。

 

先日、ある生徒の志望理由書を添削しました。

その志望理由書は一度、学校の先生が添削したとのことでした。

この志望理由書にいくつか「なので」が散見されました。

しかし、学校の先生はこれをすべてスルー

佐藤からしたら驚愕の添削レヴェルです。

添削してないじゃん。

 

これが君たちの「先生」の添削能力なんですよ。

君の「先生」は本当に大丈夫ですか。

小論文や志望理由書、自己推薦書など、君が書いた大事な文章を

そんなレヴェルの添削をする人間を「先生」と呼べますか。

学校や大手塾の小論文指導の先生ですら

「プロ」ではない人がゴロゴロいるのです。

 

お話をもう一つ。

「小論文ってどうやったら書けるようになるんですか」

生徒たちはみんな聞いてきます。

これに対して、どんな小論文指導者でも間違いなくこう言います。

 

「実際に小論文を書いて、人に見てもらって、

訓練していくことでしか、

小論文を書く力は身につかないよ。」

 

言っていることは正しいです。

でも、言っているあんたは小論文を書く訓練をしているかい

生徒に教えるための教授法を日々磨いているかい

佐藤はこう問いたいのです。

言っている本人がしていないことを、

どの口が言えるのでしょうか

 

佐藤は論文書いていますよ。

先週も学会で発表してきました。

 

佐藤も日々四苦八苦して論文を書いています。

 

 

もう一度聞いてみましょう。

君の「先生」の小論文指導は本当に大丈夫ですか?

 

 

他の「先生」との比較キャンペーン実施中!

 

各講座実施中!

慶應義塾大学 一般入試 小論文対策講座

慶應義塾大学 SFC AO入試対策講座

慶應義塾大学 法学部 FIT入試対策講座

早稲田大学スポーツ科学部 小論文対策講座

 

【お問い合わせ先】

潜龍舎代表 佐藤 陽祐

メール:an.asura.girl.in.love.1982@gmail.com

TEL 080-3433-8068

 

雄飛会代表 一柳 忠宏

メール:yuuhikai.ichiyanagi@gmail.com

TEL 090-3437-6907(代表一柳携帯)

tadahiro-funky-edu@ezweb.ne.jp(代表一柳携帯アドレス)

Facebook Twitter