CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 東京慈恵会医科大学医学部 面接・小論文 最終確認ポイント!

東京慈恵会医科大学医学部 面接・小論文 最終確認ポイント!

―最終確認!面接の3つのポイント!―

 

①「大学の志望理由」と「医師の志望理由」をそれぞれ用意すること

医師になりたい理由は、答えられるように

しているかと思います。しかし、「本学を

志望したのはなぜですか」という質問も定

番なので、必ず準備しておきましょう。

仮に第一志望ではなくとも、「第一志望で

あること」とその理由を伝えることは必須です。

 

②「正解がない質問」には答えそのものより、「答え方」を意識する

Ex.「副作用があるワクチンを患者にすすめますか」

   「禁煙エリアでタバコを吸っている人がいたら注意しますか」

 

こうした質問には、絶対的な正解はありません。

YesでもNoでもどちらを答えてもOKです。

ただし、そのように答える根拠や理由を

説明できるようにしましょう。

 

③知らないことを聞かれたら、「知りません」と答えてよい

「あなたは〇〇のことを知っていますか」医療専門用語

医療制度の用語の知識が問われることもあります。

しかし、面接は本質的に知識を問うことが目的ではありません。

わからなければ、素直にわからないと言うと、面接官は教えて

くれます。

したがって、知っているフリなどは絶対やめましょう

 

 

一番大事なことは、なぜ医師になりたいのか、

なぜその大学を志望するのかについて、

熱意を持って話すことです。

姿勢を正し、相手の目を見て、自分の

想いを正確な言葉で伝えるようにしましょう。

 

 

―小論文試験を受けるときの注意―

Ⅰ.プロット作成時間は試験時間の半分が最大。

理想の時間配分

プロット作成(50分)

→論述(60分)

→誤字脱字チェック(10分)

→提出

 

Ⅱ.プロットの作成方法再確認

・論点設定

・主張

・具体例

・結論

 

各部分は段落に対応。各部分どうしを、

接続詞(表現)を用いて論理的つながりをもたせる。

 

Ⅲ.試験直前に最終確認!7つのポイント!

①他の人が書き始めていてもあわてない。

 

②文章を一文一文書きながらチェックする。

 

③一文はなるべく短く書く。

一文一義(一つの文章で一つの意味を伝える)。

 

④接続助詞の「が」は使わない。

「~であるが、××であり、……となる。」

一文が長くなるため。

 

⑤口語は使わない。

「やっぱり」→「やはり」

「けど」→「けれども」

「やる」→「行う」

「なので」→「したがって」など

 

⑥主語と述語の対応

×私は、○○することが重要である

私は、〇〇することが重要だと考える

 

⑦具体例に深く入り込みすぎない。

 

以上を注意するだけでも、

小論文の点数はかなり変わってきます。

 

健闘を祈ります!

 

 

 

 

 

推薦入試で医学部に合格するために

当塾は、医学部志望者の推薦入試対策を専門に行います。
推薦入試は狭き門ではあるけれども、制度を積極的に利用し、
適切な準備をして臨んでもらいたいと思います。
推薦入試に必須の小論文、志望理由書、面接対策を行います。
まずはお問合せ・ご相談等お気軽にご連絡ください!

Facebook Twitter