CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 英検準1級 ライティング対策添削指導コース 開講

英検準1級 ライティング対策添削指導コース 開講

AO・推薦入試と英検

英検はAO入試や各種推薦入試などで、

出願資格要件となっていたり、

得点加算や試験免除がされるなど、

取得すれば受験生にはメリットしかありません

 

大学ごとにどのようなメリットがあるかは、

このページで簡単に調べられます。

志望校における英検の評価を見てみてください。

【受験・進学に「効く」英検! 入試優遇・単位認定 制度】

https://search.eiken.or.jp/qualification/index.html

 

ライティングの対策、一人でできますか?

新たに4技能化された英語試験において、

様々な対策方法が巷に溢れています。

しかし、特に対策が難しいのは、

ライティングだと考えています。

というのも、自分で書いた英作文の採点を

自分でするのは、難しいと思いませんか

あなたは英語のプロではありませんからね。

たとえどんなに素晴らしい模範解答が

あったとしても、自分の答案の採点や

改善点の発見・指摘は難しいでしょう。

さらに、そもそも英作文そのものの

ハードルの高さもありますね。

どう書いたらいいのか、

何を書いたらいいのか、

悩むと思います。

 

英検準1級ライティング対策コース 開講!

できているのか、できていないのか

わからないままのライティングの練習は、

練習とは言えません。

ぜひ、プロの添削を受けてください。

また、何の戦略や方針もなく、

やみくもに何本も英作文を書いても無駄です。

ライティング対策コースでは、

厳選された問題と適切な方法によって、

期限のある試験までに効率よく

ライティングを訓練していくことが可能です。

 

特にライティングを訓練する必要性とメリット

2016年度以降の英検では、技能ごとに問題数は異なりますが、

問題数に関係なく、各技能にスコアを均等に配分されています

(準1級はどの技能も満点スコアは750点)。

したがって、技能ごとに1問あたりのスコアへの影響は異なります。

さらに、2015年度までの準1級では、配点が低いライティングが

仮に0点であっても他の技能の得点が高ければ合格する可能性が

ありました。しかし、2016年度以降は各技能均等にスコアが

配分されるので、ライティング以外の技能が満点でも、ライティング

が0点だと不合格になります。ライティングは避けて通れません

 

 

 

 

 

公益財団法人日本英語検定協HPより抜粋

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/2016admission.html

 

とはいえ、ライティングの問題は一問だけです。

他の形式の問題をいくつも練習してスコアを

挙げようとするよりも、ライティングを一つ押さえて

750点というスコアアップを図ることは、

時間帯効果が非常に高いのです。

 

ライティングはスピーキングの絶対的基礎!

英検のスピーキング(面接)は約8分。

その間に、最初の自由会話、

イラストについてのナレーション発表、

Questionへの返答とスピーキングは流れが決まっています。

 

スピーキングにおいても的確な語句や構文を

使用した英作文力が求められます。

さらにスピーキングの場合には、考えたことを

即座に英文にするスピードが必要です。

ようするに、スピーキングは高速で行うライティングです。

 

スピーキングでは、もちろんその場で考えて

答える必要があります。そのさいに、

「使える表現」のストックがどれだけあるか

が得点ためのキーポイントになってきます。

 

このストックをどう作るか。

それがライティングです。

ライティングの訓練を行うなかで、

スピーキングに使える構文・表現をライティング

で増やしていきましょう

そのためにも、ライティングの訓練は、

スピーキングの絶対的基礎として必須なのです。

 

ライティングで「フルスイング」する!

効果的な練習によって、ライティングのポイントに

ミートしながら試験で「フルスイング」しましょう。

まず英作文の土台となる日本語での

プロット作成(ライティング問題解答の骨組み)

からチェックしていきます。

主語や述語、目的語を明確にし、

簡潔かつ明解な日本語の文章を

記述できるようにしましょう。

こう言っては何ですが、高校生諸君の

文章は日本語からしておかしい(笑)

日本語の作文もできないのに、

ライティングなんてできませんよ

したがって、明解な日本語を作成することによって、

ライティングしやすい土台を作りましょう!

 

次に、ライティングでは文章の構成も見られます。

ロジックが通っているか、説明の順番や話の筋は妥当か。

一定の形式にしたがって、整った文章を書くことも

ライティングにおいては重要です。

小論文指導と同様に

厳密なロジックにこだわった添削指導を行います。

 

上記のような土台があって、

最終的に英語での記述を行います。

そこで、重要なのは具体的かつ簡潔な表現です。

 

文章の書き方によっては、英語でも非常にわかりづらいものになって

しまう表現を多々見ます。こうした点を指摘し、改善してもらう

ための添削指導です。もちろん文法や語彙のチェックも行います。

 

さらに、多様なテーマでのライティング練習を行うことによって、

どのような問題が出題されても、解答できる力を身につけて

もらいます。厳選された12本の問題によって、

ライティングを確実な得点源にしましょう!

 

ライティング対策添削指導コース 指導の流れ

①受講のお申込みの確認後、事前に当方オリジナルの

「ライティングの手引き」とライティング課題、

専用解答用紙をお送りいたします。この課題について、

日本語プロット作成&ライティングを行ってもらいます。

 

②作成した日本語プロット、ライティング答案を

潜龍舎(下記メールアドレス)までお送りいただきます。

答案送付先:senryusha@gmail.com

 

※解答用紙をスキャナーでスキャンしたPDFファイルや、

スマートフォンや携帯電話のカメラで、作成した解答を撮影し、

お送りいただきますようお願いいたします。

 

③日本語プロットチェック、ライティング内容を添削の後、

PDFファイルにて受講者様のEメール宛てに返却いたします。

添削答案と模範解答は、3営業日を目安として

ご返送させていただきます。

 

添削指導のやり取りは、すべてEメールで行われます。

答案返送は、郵送ではございません。

したがって、場所に制限されることなく、

全国対応させていただきます。

 

 

英検準1級ライティング対策添削指導コース

全12回

 

英検準1級 ライティング対策添削指導コース 指導の流れ

英検準1級 ライティング対策 添削指導コース

厳選された問題と適切な方法によって、期限のある試験までに効率よくライティングを訓練し、ライティングを確実な得点源にしましょう!

Facebook Twitter