CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 2017 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

2017 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

・2017 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

 

東京オリンピック・パラリンピックのオリンピックレガシーとして私が期待するのは、観光立国に寄与する、外国人旅行客を迎え入れるための施設、設備、サービスの充実化とその存続である。このように考える理由は、大きく二つある。第一の理由は、日本は今後、観光立国としてインバウンド需要の拡大を推進するという政策を打ち出しているからだ。第二の理由は、日本の少子高齢化社会において、これから外国人労働者も増加することが予想され、外国人との共生は日本社会にとって課題となると考えるからだ。上記のような狙いにおいて、一番の課題となるのは、外国人とのコミュニケーション、すなわち言語の問題である。

東京でのオリンピック・パラリンピック競技大会では以下のようなインフラ、サービスを提供した上で、競技大会後もそれらを活用し、多様な外国人とのコミュニケーションがとりやすい環境整備が行われることが望ましい。たとえば、各種観光案内における外国語表記の増加はもとより、バイリンガル、マルチリンガルスタッフの雇用が挙げられる。また、サービスのためのインフラ整備として、外国人に対応した観光案内所の敷設、ICTやAI技術による多言語翻訳システムの開発、民間事業者による精度の高い言語翻訳字幕サービス事業の展開などが挙げられる。

東京でのオリンピック・パラリンピック開催から10年以降には、日本では都市部だけではなく地域にも外国人とのコミュニケーション支援サービスが広がっているだろう。そこで私は、外国人に道を聞かれても、コミュニケーションを取ることができない日本人ではもはやなくなっていたい。また、目標としていたアスレティックトレーナーとして働いている私のクライアントには、外国人のアスリート選手も多数おり、私は各国のアスリート選手が切磋琢磨する環境の一端を担っていることができればと考える。

(775字)

 

・順天堂大学スポーツ科学部推薦入試小論文について

近年は、課題文型小論文が出題されています。

小論文のレヴェルとしては、順天堂大学の問題は

標準的なものではあります。しかし、

何も訓練していないと簡単には書けませんよ。

小論文対策は、はやめに行うに越したことはありません。

そして、きちんとした添削指導を受けてください。

潜龍舎では採点基準を熟知した講師が

刀剣を作るように鍛え上げていきます。

具体的なアドバイスによって、

「合格する小論文答案」を作成できる

指導を行います。

 

・潜龍舎の指導は、全国対応!

潜龍舎では、双方向通信システムZOOMを用いた

対面指導を行うため、全国対応です!

これまでも福島、京都、神奈川、群馬など、

遠方の生徒さんの指導を行ってきました。

インターネット、wi-fiがつながる環境

順天堂大学志望の全国の受験生のみなさん

AO・推薦入試対策はもう始まっています。

ライバルはすでに対策を始めていますよ。

まずは、ご遠慮なく下記のフォームより、

お問い合わせください。

 

 

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

Facebook Twitter