CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 2014 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

2014 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

2014 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

【一般推薦】

問1.

【小学生】

小学生は、朝食を食べ、睡眠を6時間以上取ると、体力合計点が高く、朝食の摂取と睡眠時間が体力に影響を与えることがわかる。(59字)

 

【中学生】

中学生は、睡眠時間の量の差は大きく体力合計点に影響しないものの、朝食を毎日食べると体力合計点が高い傾向が見られる。(57字)

 

問2.

図から明らかなように朝食を取ること、十分な睡眠時間が体力向上には必須である。食事や睡眠は、子どもの生活習慣にかかわる。子どもの生活習慣全体を適切なものとするために家庭の果たすべき役割は非常に大きい。したがって、各家庭において,保護者も子どもも守るべき生活習慣についてのきまりをつくるなど,積極的に子どもの生活習慣の改善に取り組むことが重要だと考える。たとえば、小学生に対しては、家族で共に朝食を取るようにしたり、早寝早起きなどの生活リズムの確立を保護者とともに行うよう学校や自治体が保護者に指導することによって、子どもの体力向上に寄与すると考える。

中学生は、勉強量も増え、部活動などもあり、活動の時間が小学生より増えることが予想される。しかし、睡眠時間はさほど体力に影響しないことが図からわかる。そこで、食事をきちんと取ることが体力向上には不可欠だ。したがって、各学校への栄養指導職員の参画など、学校における食育指導体制を整えることが必要だと考える。学校でも、朝食を毎朝きちんと取ることや、栄養バランスの整った食事をとることの重要性を子どもたちに指導する。また、食に関する知識を教えるだけでなく,知識を望ましい食習慣の形成に結び付けられるような実践的な態度の育成が望ましいと考える。

以上の取り組みによって、私は子どもたちの体力向上という課題が図られると考える。

(580字)

 

・順天堂大学スポーツ科学部推薦入試小論文について

近年は、課題文型小論文が出題されています。

小論文のレヴェルとしては、順天堂大学の問題は

標準的なものではあります。しかし、

何も訓練していないと簡単には書けませんよ。

小論文対策は、はやめに行うに越したことはありません。

そして、きちんとした添削指導を受けてください。

潜龍舎では採点基準を熟知した講師が

刀剣を作るように鍛え上げていきます。

具体的なアドバイスによって、

「合格する小論文答案」を作成できる

指導を行います。

 

・潜龍舎の指導は、全国対応!

潜龍舎では、双方向通信システムZOOMを用いた

対面指導を行うため、全国対応です!

これまでも福島、京都、神奈川、群馬など、

遠方の生徒さんの指導を行ってきました。

インターネット、wi-fiがつながる環境

順天堂大学志望の全国の受験生のみなさん、

AO・推薦入試対策はもう始まっています。

ライバルはすでに対策を始めていますよ。

まずは、ご遠慮なく下記のフォームより、

お問い合わせください。

 

 

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

Facebook Twitter