CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 2011 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

2011 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

2011 順天堂大学 スポーツ健康科学部 推薦入学試験 小論文 模範解答

【一般推薦】

男女ともに体力合計点の分布に有意な差があり、1週間の総運動時間60分未満の子どもは30点から45点台に集中している。(58字)

 

1週間の総運動時間が60分未満の子供たちは、男女ともに割合が最も多く、特に女子では30%以上と圧倒的な割合を占めている。(59字)

 

1週間の運動時間が60分未満というのは、一日に10分も運動をしないということである。したがって、ほぼ運動をしていないと言ってもよいだろう。ほぼ運動をしない生徒たちの体力合計点は、1週間に60分以上運動する生徒たちよりも有意に低い。健康維持や心身の成長のためにも、生徒たちが十分な体力を養うことは重要だと考える。しかし、運動をしない子どもたちは、運動部などに入らず運動をする機会がないか、あるいはそもそも運動そのものが嫌いなのかもしれない。それでは、運動をしない生徒たちにどうしたら体力をつけてもらえるだろうか。

私はスポーツ健康科学科に入学後、既存のスポーツや運動にとらわれない形で、体力を向上させるプログラムの構築について学びたい。既存のスポーツは、走る、投げる、跳ぶといった、基礎的な動きが激しいものが多い。私は、激しい動きをしなくても体力をつける方法がないかについて学びたい。たとえば、呼吸法を整える座禅や、精密さとダイナミックな動きをともに要求される「まき割」の仕事、全身運動としてのヨガやダンスなどをとおして体力の向上を図れないだろうか。以上のような身体運動を組み合わせて、新しいプログラムができれば、運動が嫌いな生徒たちでも、運動だとは思わずに自然と身体を使うことになり、体力向上を期待できると考える。以上より、私は体力向上のための新しい運動プログラムの構築について学びたいと思う。(596字)

 

・順天堂大学スポーツ科学部推薦入試小論文について

近年は、課題文型小論文が出題されています。

小論文のレヴェルとしては、順天堂大学の問題は

標準的なものではあります。しかし、

何も訓練していないと簡単には書けませんよ。

小論文対策は、はやめに行うに越したことはありません。

そして、きちんとした添削指導を受けてください。

潜龍舎では採点基準を熟知した講師が

刀剣を作るように鍛え上げていきます。

具体的なアドバイスによって、

「合格する小論文答案」を作成できる

指導を行います。

 

・潜龍舎の指導は、全国対応!

潜龍舎では、双方向通信システムZOOMを用いた

対面指導を行うため、全国対応です!

これまでも福島、京都、神奈川、群馬など、

遠方の生徒さんの指導を行ってきました。

インターネット、wi-fiがつながる環境

順天堂大学志望の全国の受験生のみなさん、

AO・推薦入試対策はもう始まっています。

ライバルはすでに対策を始めていますよ。

まずは、ご遠慮なく下記のフォームより、

お問い合わせください。

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

Facebook Twitter