CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 2018年度 横浜国立大学 都市科学部 都市社会共生学科 小論文 模範解答

2018年度 横浜国立大学 都市科学部 都市社会共生学科 小論文 模範解答

2018年度 横浜国立大学 都市科学部 都市社会共生学科 小論文 模範解答

 

問1.

筆者は、ソ連の強制収容所での経験から、共生とはせっぱつまったかたちではじまると述べる。なぜなら、抑留者が過酷な環境で生き抜くためには、相対するもう一つの存在に耐える必要があるからだ。その結果、他者への不信感や憎悪が人間を共存させる強い結びつきとなる。さらに、不信感や憎悪、自己嫌悪をも含んだ上で生まれた連帯は、強固な形で持続すると同時に孤独をもたらす。孤独とは単独な状態ではなく、連帯のなかにはらまれている。また、この連帯は別の条件では解体し、単独な個人から新たな連帯が生まれる。つねに変わらず存続するのは一人の人間の孤独であり、このような連帯と解体の繰り返しから秩序が存在するようになる。(295字)

 

問2.

これまで家族はイエや血族関係において、基本的な人間集団の単位を成し、共生の一般的な形であった。しかし、現代社会において核家族化が進んだ結果、家族のつながりや規範の中心となるのは、もはやイエの制度やしきたりではなく、個人の価値観となっている。価値観が異なる家族の成員がいれば、そこには摩擦や軋轢が生じることになる。それが激化すれば、家庭内暴力や親族間殺人などにつながる事態も出てきている。それゆえ、家族とはいえ、価値観の異なる個人どうしが共生するためには、家族の間においても譲歩や妥協が必要となると考える。したがって、筆者の述べる共生のように、家族のなかでも相対する他者の存在に耐える必要があると考える。

他方で筆者に倣って、憎悪や不信感にもとづく結びつきによる家族のあり方というのは、維持することができないと考える。そもそも家族がいっしょにいる必要がなくなってしまうからだ。筆者の述べる憎悪や不信感による連帯は、収容所における過酷な環境によって、強制的に生み出されたものである。しかし、家族は強制的に形成・維持されるものではない。家族であっても、縁を切ったり、離婚することが実際上可能だからだ。

これからも家族関係が維持されるとしたら、異なる価値観を持つ個人どうしが各々の価値観と上手く折り合いをつけながら、複数の個人が相互に他者の存在に耐えていくことによって、家族の共生が可能になると考える。(595字)

 

・都市科学部 都市社会共生学科 小論文の分析(前期試験)

2018年度の出題は、強制収容所における共生のあり方についての文章を読んだうえで、今日の共生のあり方について具体的な事例に即して述べるというものでした。都市社会共生学科の小論文試験も2017年に課されて以来、長文の課題文(2018年は約5000字、2017年は約4000字)が出題されます。試験時間は120分。社会問題に対する基礎知識や社会的な文脈力を備えた上で、現実的かつ論理的に妥当な解答を作成する必要があります。

 

潜龍舎の対策指導

 

対策1 課題文の正確な読解力を身につける 

テーマを正確に把握しなければ、解答における論点がズレることになります。正確な読解力を身につけるべく、「読む」訓練を講師といっしょに行います。

 

対策2 設問の意図を把握し、設問の要求に即した解答作成の方針を定める訓練をする

具体的には、小論文のプロット(骨組み)作成法、テーマに対する発想法を身につけます。何を書いていいのかわからない人、思いつかない人は、この対策が一番必要です。

 

対策3 具体的な文章の記述法を身につける

課題の字数は、いずれの設問も多くはありませんが、余計な記述をしている余裕はないということです。自分の主張や考えを的確な表現とともに、論理的に記述する訓練を行います。

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

Facebook Twitter