CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 2018 横浜市立大学 医学部看護学科小論文 模範解答

2018 横浜市立大学 医学部看護学科小論文 模範解答

2018 横浜市立大学 医学部看護学科小論文 模範解答

(1)

筆者には、妻の苦しみをどうしてやることもできないという事実を知りながらも、医学書や癌細胞の文献を読むことしかできなかったのに対し、妻の短歌から、妻が筆者の対応に不満を募らせていることがわかるため。(98字)

 

(2)

癌手術後の河野裕子は、病気以外の訴えには誰も注意を向けてはくれないことに不満がある。その結果、彼女の不満は家族に対しても向き、自分の苦しみをわかってくれない、わかろうとしないという思いを募らせている。

上記のような心情の彼女に対して、私が彼女の家族ならば、どのように関わるべきだろうか。私は、彼女に寄り添って彼女の言葉を受け取り、彼女のつらさに共感を示すことが必要だと考える。たしかに、医学的にはどうにもできないことはある。しかし、私は彼女に対して、「そこからできることがある」という積極的な気持ちや姿勢を維持していくことが重要であると考える。なぜなら、彼女の言葉や苦しみを受け止めて、応答できる可能性があると考えるからだ。つまり、「私は、あなたの言葉や苦しみを受け止めて、そばにいるという応え方をさせてもらいたい」というこの応答可能性こそ、彼女と私との間につながりをもたらすだろう。以上より、彼女の苦しみに寄り添い、そばにいるという応答の可能性を彼女に示すことが、私の彼女に対するあるべき関わり方だと考える。そして、その可能性を彼女も共有できるところに救いや癒しがあると願いたい。(490字)

 

 

(1)

男性の習慣的な喫煙者の割合は、平成17年には4割近くいたものの、平成27年には3割ほどにまで減少している。女性の習慣的な喫煙者の割合も徐々に減少し、平成27年には約8%と一桁台まで減少している。男女別の傾向にしたがって、全体における習慣的な喫煙者の割合も、年を経るごとに減少傾向が見られる。(145字)

 

(2)

図2から習慣的に喫煙をしている者のうちたばこをやめたいと思う者の割合は、平成19年から、男女別、全体においても増加傾向を示し、平成25年には一時的に割合が減少し、その後は総じて、増加と減少を繰り返している。図3から、喫煙者が禁煙または減煙したい理由が、特に、健康に悪いこと、お金がかかることであることが読み取れる。習慣的な喫煙者の減少傾向をさらに促進するために、我が国において禁煙を推進するための方策として、どのようなものが考えられるだろうか。私は、大きく二つの方策があると考える。

第一の方策は、マスメディアを活用し、全国的な規模での喫煙による健康への被害を具体的に訴えるキャンペーンの実施を挙げたい。禁煙・減煙を望む喫煙者の多くが健康に悪いことを理由としていることからである。第二の方策は、たばこ価格や税の増額である。たしかに、わが国のたばこ価格・税はこれまでに、何度か値上げされてきた。しかし、値上げ後でも先進国と比べてなお2、3倍の価格差があるため、今後継続的に引き上げることが必要である。というのも、禁煙・減煙を望む喫煙者の多くが、お金がかかることを理由に挙げているからである。(492字)

 

 

・医学部看護学科小論文の分析(前期試験)

2018年度は、大問は二つ、読解型と資料分析型の問題が出題されました。試験時間は120分です。大問1は、癌を患う家族に対してどのように関わるかが問われ、癌患者とのあるべき接し方、関わり方を考えさせ、論じさせるものです。大問2は、我が国における喫煙の動向に関する資料が提示され、禁煙を推進する方策について考えさせるものでした。いずれの問題も、今日の保健医療福祉の分野に関する課題です。試験時間120分における時間配分や、テーマに対する発想法、資料の分析法等、事前に対策を要する問題です。

 

潜龍舎の対策指導

 

対策1 課題文(資料)の正確な読解力を身につける

テーマを正確に把握しなければ、解答における論点がズレることになります。正確な読解力を身につけるべく、「読む」訓練を講師といっしょに行います。

 

対策2 設問の意図を把握し、設問の要求に即した解答作成の方針を定める訓練をする

具体的には、小論文のプロット(骨組み)作成法、テーマに対する発想法を身につけます。何を書いていいのかわからない人、思いつかない人は、この対策が一番必要です。

 

対策3 具体的な文章の記述法を身につける

横浜市立大学の設問の字数は、いずれも多くはありませんが、余計な記述をしている余裕はないということです。自分の主張や考えを的確な表現とともに、論理的に記述する訓練を行います。

 

 

こんな人はすぐに潜龍舎へ

・まだ小論文対策を始めていない。

・学校の先生に見てもらっているけれど、まともな添削指導になっていない気がする…。

・予備校の小論文コースを受講しているけれど、横国の小論文がまともに書ける気がしない…。

・過去問を見たら、どうしたらいいのか分からなくなった(何を書けばいいのかわからない)…。

・配点を見て、他でカバーするからいいや、と思っている…。

・苦手科目があるから、小論文で差をつけてカバーしたい…。

・過去問対策として横浜市立大学の問題を専門に見てもらいたい。

 

前期試験まで3か月を切りましたが、何とかしましょう!

まずは、下記のご相談フォームより現状についてご相談ください。

 

【横浜市立大学 小論文 直前対策完成コース】開講中!随時受付中!

下記フォームよりお問合せ/お申込みください。

 

↓ 過去の潜龍舎ブログはこちらから ↓

http://www.yu-hikai.com/category/senryuu

 

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

Facebook Twitter