CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 【オンライン指導・添削指導】早稲田大学 スポーツ科学部 小論文対策講座(自己推薦・一般)【模範解答】

【オンライン指導・添削指導】早稲田大学 スポーツ科学部 小論文対策講座(自己推薦・一般)【模範解答】

早稲田大学スポーツ科学部 小論文対策講座

 

 

小論文対策基礎講座

過去問を見てもらえればすぐにわかるように、

早稲田のスポ科の小論文が課すテーマは、

 

「スポーツと政治」、「スポーツと経済」、

「スポーツと教育」、「スポーツと文化」、

 

というようにスポーツと社会との関わり方、社会におけるスポーツ

のあり方や意義を問う問題が毎年出題されています。

早稲田のスポ科の提示するこうした問いの根底には、

実は深い思想があるのです。

 

早稲田スポ科を目指すのに、これを読んでいない

受験生はアウトですよ。

 

 

大西鐵乃祐『闘争の倫理 スポーツの本源を問う』鉄筆文庫

 

大西鐵乃祐は早稲田ラグビーを作り上げ、全日本ラグビーチーム

の監督としても活躍した生粋のラガーマンです。しかも、彼は一

流のラグビー・体育指導者にはとどまりません。スポーツを哲学

する思想家と言えるほどの学識の深い人間です。

この本でも、スポーツをすさまじい深度で掘り下げ、

スポーツの意義、スポーツが何であるのかを問い続けます。

そこには、哲学、倫理学、文学、教育学、社会学、

歴史学、宗教といったあらゆる学問分野が

縦横無尽に駆使されています。

早稲田スポ科の入試問題の本質がすべてこの本に詰まっています。

 

小論文基礎講座では、この本の示唆するところと入試問題のつながりを

指摘し、早稲田スポ科が求める解答の導き出し方を伝授します。

基礎講座はこの『闘争の倫理』をもとに講義形式で行い、

早稲田スポ科小論文に必須の発想法や知識を身につけてもらいます。

(各回は独立したテーマで、どの回からでも受講可能です。)

 

 

最新の早稲田スポーツ科学部小論文についてはこちら。

【オンライン・添削指導・個別指導】早稲田大学 スポーツ科学部 小論文 について【一般入試&自己推薦入試】【模範解答】

 

 

小論文対策講座

早稲田大学スポーツ科学部では推薦入試、一般入試ともに

小論文が課せられます。

科学、文化、教育、政治、経済とスポーツとの関わりを探る

テーマが出題されます。そのため、論述には多様な観点が求

められます。したがって、できるだけ早くからの対策が必要です。

小論文の基礎から始め、多様なテーマに対応可能な論述

メソッドを指導し、小論文対策を盤石なものにします。

 

 

一般入試小論文直前対策講座

一般入試小論文対策として、過去問を用いた実践演習指導を

行います。小論文対策の総仕上げとして、本番さながらの採点、

添削指導を行います。

他塾からの転塾者も指導いたします。

 

 

 

 

スポーツ科学部志望の受験生は、

部活動をしながら受験の準備をしなくてはならない場合が多いです。

先輩方はサッカー、ハンドボールといった

部活をしながら総合型選抜(AO入試)・推薦入試に臨みました。

部活動をしながらも早めの対策によって、

先輩方は結果を出しています。

部活動を一生懸命やりながらも受験対策は可能です。

特に推薦入試は一般入試よりも実施時期が早いです。

 

早稲田大学スポーツ科学部志望の受験生は

できるだけはやく対策をしていきましょう。

 

早稲田大学 スポーツ科学部 一般入試 小論文 模範解答

2021年度 早稲田大学 スポーツ科学部 一般入試 小論文 模範解答

2020年度 早稲田大学 スポーツ科学部 一般入試 小論文 模範解答

2019年度 早稲田大学 スポーツ科学部 一般入試 小論文 模範解答

2018年度 早稲田大学 スポーツ科学部 一般入試 小論文 模範解答

 

早稲田大学スポーツ自己推薦小論文模範解答

2021早稲田大学スポーツ科学部自己推薦小論文模範解答

2019早稲田大学スポーツ科学部自己推薦小論文模範解答

2018早稲田大学スポーツ科学部自己推薦小論文模範解答

 

 

早稲田大学 スポーツ科学部 小論文の書き方 実況中継①

早稲田大学 スポーツ科学部 小論文の書き方 実況中継②

 

【オンライン個別指導】総合型選抜・学校推薦型選抜 対策 / 大学入試小論文 対策 専門塾 潜龍舎 募集要項

 

 

潜龍舎の強み

潜龍舎のスタッフは全員が博士号の学位を有し、大学でも講義を担当し、学術論文を執筆する現役の研究者です。したがって、潜龍舎が大手塾さんと異なるのは、入試審査官である大学教員のニーズを知り尽くし、アカデミズムの立場から指導を行う点にあります。大学における学問や研究の観点から志望理由書作成指導や小論文指導を行う点が、他塾の指導者とは明確に異なり、大きな強みであると言えます。

また、弊塾の特徴としては、一対一の完全個別指導です。大手塾のなかには、指導者一人で複数生徒の指導を同時間内に行うところもあるようです。しかし、過ごす時間や指導の密度は当然、個別指導のほうが高くなります。さらに、指導時間以外にもLINEやメールなどで随時質問対応が可能です。生徒との連絡を密に取りながら、生徒とともに伴走して臨むスタイルが弊塾の大きな特徴だと言えます。まとめましょう。

 

潜龍舎の指導の強み

1.潜龍舎は現役の研究者集団であり、大学教員のニーズを知り尽くし、アカデミズムの立場から指導を行う。

2.完全個別指導+随時質問対応可能

3.生徒の将来を考え、生徒の問題や課題に寄り添った指導を行う。

 

総合型選抜・学校推薦型選抜 志望者のみなさん、ぜひ、大手塾さんも見ていただいたうえで、弊塾のご利用をご検討いただければと存じます。しかし、潜龍舎では、職人気質の極めて強いプロのスタッフが、一人一人の生徒に、時間をかけて、丁寧に小論文や志望理由書、面接等の対策を行います。したがって、指導できる生徒数に限りがありますので、お早目のご相談、ご入会をお願いいたします。

 

 

小論文関連記事

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(小論文編)

小論文の対策を「早く」始めなければ「ならない」深刻な理由①

小論文の対策を「早く」始めなければ「ならない」深刻な理由②

高校1,2年生向け 【小論文道場】

高校1、2年生向け 小論文を書くために読んでおきたい本

圧倒的文圧を持つ小論文の書き方

君の先生が小論文や志望理由書の書き方をきちんと指導してくれるかどうかを見極める3つのポイント

小論文の対策の仕方がわからない、だと!?

「どうして君たちが小論文・志望理由書を自力で書けないのか」

「型」が先行する小論文…

「本当に」書く力をつけたい人のための小論文対策おすすめ本

 

 

潜龍舎の小論文指導について

 

AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎

LINE@始めました。

AO・推薦入試について、小論文についてなどご質問や

ご相談にお答えいたします。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。
友だち追加

 

 

 

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

    Facebook Twitter