CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 2014 埼玉県立大学 小論文 模範解答

2014 埼玉県立大学 小論文 模範解答

2014 埼玉県立大学  小論文 [前期]  模範解答

【問題1】

科学技術について、感情的な安心感と科学的な安全性との間には常に乖離がある。したがって、「安心と安全」に関する科学技術について、人々が科学的に十分な理解をした上で、安心という主観的な判断ではなく、リスク評価を十分に検証し、安全性という定量的な科学的根拠に基づく判断が必要である。(138字)

 

【問題2】

著者によれば、安全と安心はまったく異なる次元のものである。安全は、科学的な根拠にもとづいたリスクの低さを指す。他方、安心は主観的なものである。これら「安心と安全」の関係について、私は安全が安心を支えるものだと考える。

→解答のつづきはこちら

 

【問題1】

3、6

 

【問題2】

資料1から体重代謝量とには、比例関係があることがわかる。また、生物の体が大きくなるのは、適応度が高かったためだと推測されている。しかし、代謝量が多いということは、細胞呼吸が多いことであり、細胞呼吸によって生じる活性酸素のようにDNAを傷害する物質も多く生む。しかし、図3より体の大きい動物ほど、DNA修復力が強いことがわかる。それゆえ、体の大きい生物ほどDNAの修復がなされ、寿命が長くなる。(191字)

 

【問題3】

ゾウとヒトのどちらも寿命が長い理由には、両者に共通する要因と、異なる要因がある。まず共通の要因は、図3からわかるようにDNA修復力と寿命には相関関係があり、ゾウとヒトはともにDNA修復力が強い点があげられる。

→解答のつづきはこちら

 

 

埼玉県立大学合格体験記

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

Facebook Twitter