CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 【全国対応】東京学芸大学 小論文 対策講座 【模範解答2017】

【全国対応】東京学芸大学 小論文 対策講座 【模範解答2017】

2017 E類教育支援専攻 ソーシャルワークコース 小論文 模範解答

 

課題文では、池田小における児童殺傷事件以降、学校の防犯対策が進んだことが述べられている。不審者の侵入防止措置を取ったり、地域のコミュニティーにおいて子どもを見守る取り組みが行われている。さらに、子どもたちへの安全教育も展開され、不審者に対する具体的な対応法などを指導し、安全対策が進められている。しかしながら、こうした対策が展開されながら、子どもの連れ去り事件は増加傾向にあることも指摘されている。したがって、安全対策に絶対はなく、種々の対策に対する不断の取り組みが重要であるとも考える。それでは、学校における子どもの安全を守るためには、どのような対策が必要となるだろうか。

現行の学校安全対策の問題点は、安全を確保するべき人員の確保にあると考える。なぜなら、学校の教員には限りがあり、地域の協力者も学校安全のために常時対応できるわけではない。そこで、以上の安全対策上の問題をテクノロジーで補うことが必要だと考える。昨今、ICT技術が発達し、学校現場においても教育用にICT環境が整備されるようになった。この環境を防犯にも適用することができると考えるからだ。たとえば、校内LANを活用した校内連絡・緊急通報システムである。非常ボタンが押されると、特定の学級にて「緊急事態発生」という 緊急通報メッセージが放送され、発生場所の特定や現場にかけつけるまでの時間を大幅に短縮することができる。また、平常時は校内業務連絡システムとしても活用できるほか、緊急時には教育委員会や警察など学校外にも通報が可能なシステムを構築することができる。さらに、既設の校内LANを有効活用することで、新たに配線工事を行う手間も省け、低コストで導入することができる。以上の環境を整備することによって、学校内に立ち入った者を確認し、不審者であれば学校内に緊急通報し危険を報せ的確に避難誘導し、警察到着までの時間の安全を確保することによって、被害を未然に防ぐことができると考える。

以上より、人的不足をテクノロジーで補うことによって、より確実に学校における子どもたちの安全を確保できると考える。したがって、今後もICT技術の発展が見込まれることから、教員はICT分野への理解も深め、学校安全のための適用を積極的に検討していくことが必要だと考える。(969字)

 

 

東京学芸大学前期試験において小論文を課す学類

 

A類学校教育選修(小論文配点300点)

A類家庭選修(小論文配点300点)

B類家庭専攻(小論文配点300点)

C類特別支援教育教員養成課程(小論文配点400点)

D類養護教育専攻(小論文配点300点、面接100点)

E類教育支援専攻 生涯学習コース(小論文配点500点)

E類教育支援専攻 ソーシャルワークコース(小論文配点500点)

E類教育支援専攻 多文化共生教育コース(小論文配点500点)

E類教育支援専攻 表現教育コース(小論文配点1300点)

 

 

上記、学類各種専攻・コースの前期試験において小論文が課せられます。

センター試験の配点に対して、小論文の配点が30%から50%に及ぶ

ものまであり、学芸大合格のためには、小論文の対策は必須と言えます。

 

東京学芸大学の小論文

各学類の小論文試験は、課題文型、資料読解型などオーソドックスな形式の

小論文課題が出題されます。とはいえ、特に教育ないしは教育学に関係のある文章、

または広く社会的文脈力を問われる文章が出題され、一定以上の訓練をしない

と合格点を獲得するのは難しいと言えます。

 

 

潜龍舎の対策指導

 

対策1 課題文・資料の正確な読解力を身につける 

テーマを正確に把握しなければ、解答における論点がズレることになります。正確な読解力を身につけるべく、「読む」訓練を講師といっしょに行います。

 

対策2 設問の意図を把握し、設問の要求に即した解答作成の方針を定める訓練をする    

具体的には、小論文のプロット(骨組み)作成法、テーマに対する発想法を身につけます。何を書いていいのかわからない人、思いつかない人は、この対策が一番必要です。

 

対策3 具体的な文章の記述法を身につける

設問ごとの字数は多くはありませんが、余計な記述をしている余裕はないということです。自分の主張や考えを的確な表現とともに、論理的に記述する訓練を行います。

 

 

こんな人はすぐに潜龍舎へ

・まだ小論文対策を始めていない。

・市販の小論文の参考書を買って、書いてきたつもりだけれど、

ちゃんと書けているかわからない。

・学校の先生に見てもらっているけれど、まともな添削指導になっていない気がする…。

・予備校の小論文コースを受講しているけれど、小論文がまともに書ける気がしない…。

・過去問を見たら、どうしたらいいのか分からなくなった(何を書けばいいのかわからない)…。

・配点を見て、他でカバーするからいいや、と思っている…。

・センター試験で苦手科目があるから、小論文で差をつけてカバーしたい…。

・過去問対策として学芸大の問題を専門に見てもらいたい。

・試験まで残り日数がないため、短期間で小論文をマスターしたい。

 

 

最短で学芸大合格のために特化した論述スキルの伝授、

発想法の指導を行います。

また、試験と同等の採点基準で添削を行います。

したがって、何をどこまで鍛える必要があるのか、

明確にして、指導を行います。

 

 

講座内容

①添削コース+アドバイスレポート+オリジナル模範解答

※添削指導書(内容に関する詳細な指摘、小論文の改善方法を文面で指導します)

 

②添削+映像対面指導コース(120分)

上記添削コースに加え、双方向映像通信アプリを用いた対面指導を行います。

パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかがあれば、どなたでもすぐに

ご利用可能です。添削では教えきれない、課題に対する発想方法、

考え方を指導いたします。

 

小論文を確実な得点源として、

合格を勝ち取りましょう!

まずは、下記のご相談フォームより現状についてご相談ください。

 

【東京学芸大学 小論文 直前対策完成コース】開講中!随時受付中!

下記フォームよりお問合せ/お申込みください。

 

↓ 過去の潜龍舎ブログはこちらから ↓

https://www.yu-hikai.com/category/senryuu

 

潜龍舎 小論文『十の奥義』

 

 

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

Facebook Twitter