CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 2017 埼玉県立大学 社会人特別選抜 小論文 模範解答

2017 埼玉県立大学 社会人特別選抜 小論文 模範解答

2017 埼玉県立大学 社会人特別選抜 小論文 模範解答

Ⅰ.

問題1

ポイント1

近年の自動車事故と犬のかみつき事故の発生件数ならびに死者数に劇的な変化は見られないこと。(44字)

 

ポイント2

近年の事故発生件数に対する死者数の割合は、自動車事故も犬のかみつき事故も1%未満であること。(46字)

 

ポイント3

自動車事故の発生件数と死者数は、常に犬のかみつき事故のそれらの数値より圧倒的に多数であること。(47字)

 

 

問題2

事故に関する報道のあり方はどうあるべきだろうか。表1からわかるように、近年は自動車事故も犬のかみつき事故も、その発生件数が劇的に減少することはなく、ほぼ数字は一定である。この数字から、事故に対する報道が、それを見聞きした者へ影響してはいないことがわかる。しかし、事故が報道されることによって人々の行動や考え方に影響がなければ、事故は減ることはなく、報道の意義が問われると考える。それゆえ、私は事故に関する報道は、事故についての事実を正しく伝えることはもとより、妥当な対応策や解決策を繰り返し提示すべきだと考える。

たとえば、課題文1は女児が犬にかまれた事件を報道するものであり、犬のかみつき行動の理由や分析について、専門家の意見を挙げている。一方で、課題文2は、大規模な交通事故が重なったことを受けた社説であり、社説の執筆者による事故への対策案が述べられている。しかしながら、課題文2では対策案や事故の分析について専門家の見解が述べられてはいない。提案されている対策案が実行可能なものなのかどうか、さらに効果がある対策なのかどうかも不明である。したがって、事故の報道内容には、専門家による検証や分析が必要だと考える。

また、犬のかみつき事件の発生件数は、交通事故に比べると少なく、報道頻度も交通事故には劣ることが予想される。しかしながら、一般に、われわれは報道を見た際に事故の対策や事故から学ぶ反省点への意識を高めると考える。それゆえ、専門家による有効な対策やアドバイスがあるならば、事故が起こったときだけではなく、繰り返し注意を喚起する報道を行っていくべきだと考える。(683字)

問題1

床に落ちた食べ物に菌が移る要因は、食べ物への菌の付着率に差異があることから、食べ物の種類、床の材質、経過時間が影響すると考えて実験が実施されている。(74字)

 

 

問題2

床の材質と食品との組み合わせごとに、5秒までの菌の付着率を見てみると、パンは床材が木材、カーペットの場合には、菌の付着率が0.1%から10%を下回る程度の推移を示す。したがって、「5秒ルール」が適用できると考える。しかし、タイル、ステンレスでは5秒で菌の付着率が10%を超えるため、「5秒ルール」の適用判断が難しい。バター付きパンでは、床の材質にかかわらず菌の付着率は1%未満のため、「5秒ルール」が適用できると判断できる。グミも同様に床がどの材質でも、5秒では菌の付着率は0.1%を下回るため、「5秒ルール」を適用できると言える。さらに、実験からグミは菌が付着しづらい食品であるとも言えるだろう。スイカについては、カーペットでは、5秒経過しても1%未満である。しかし、タイル、ステンレス、木材が床材の場合には、1秒未満でほぼ10 0%に近い菌の付着率を示す。それゆえ、すいかは、床の材質によっては「5秒ルール」が適用できないことがわかる。

以上のように、食品の種類や床の材質によって菌の付着率は大きく変わるため、他の床の材質や食品の種類については同様の実験をしなければ、「5秒ルール」の適用は判断ができない。したがって、「5秒ルール」というように時間の経過だけで食べ物が安全かどうかを判断することができず、「5秒ルール」を一般化することができないため、「5秒ルール」は適用できないと言える。(586字)

 

 

・埼玉県立大学の社会人特別選抜 小論文 

例年、大問数は2題です。大問1が課題文の読解と論述、

大問2がグラフ・図表分析が多いです。

総字数は1200~1500字、試験時間は90分です。

課題文のテーマは、多岐にわたり、幅広いジャンルから

出題されます。大問2の資料分析においても、

多様な社会問題が出題されています。

 

・埼玉県立大学小論文の対策

90分の試験時間のなかで、

①課題文や資料を正確に読み取り、

②小論文の内容、構成を考え、プロット作成を行い、

③トータル1500字の小論文記述を行う、

と考えると、訓練をしなければ、

「合格する答案」を作成することは難しいです。

潜龍舎では以下のような対策をして、

圧倒的文圧で「合格する」答案を記述できる

ように指導しています。

 

対策① 発想法を鍛える

課題文の正確な読解の仕方、資料の分析法などを

訓練する必要があります。

潜龍舎では、対面指導時に生徒がどのように

課題文を読んだのかを、生徒との対話をとおして

確認し、どのようにして論じるべきテーマを見出すか

どのような内容を論述するか、適切な具体例をどのように

考えるのかといった、発想法を伝授します。

 

対策② 論理的構造を持つ小論文の作成法を学ぶ

何を書くべきがテーマ・内容を定めたら、

プロット(小論文の骨組み)作成の仕方を学び、

小論文の論理的構成、効果的な「見せ方」ができる

ようにします。いきなり、小論文を書くこと

はできません。プロット作成をしっかり行わないと、

小論文を実際に記述したときに、小論文が途中で

空中分解し、首尾一貫した論理的構造を持つ文章は

絶対に書けません。したがって、プロット作成は、

絶対に必須です。潜龍舎では、このプロット作成

の仕方まで指導します。

 

③文章記述のための技法を学ぶ

潜龍舎では一文一義(一つの文章では、一つの内容だけを表現する)

主義を貫き、簡潔で明瞭な文章を記述するように

指導していきます。さらに、適切な接続詞の用法も

指導し、文と文、段落と段落とに論理的連関をもたせるという、

小論文において基本にして最大の要諦となる

文章記述のための技法を習得してもらいます。

 

以上のような対策を行うことによって、

小論文で他の受験生に圧倒的差をつけることが可能です。

潜龍舎 小論文『十の奥義』

各グループへの問い合わせはこちらへ!

県立浦和高校受験専門塾【雄飛会】、大学受験部門【文武修身塾】、AO・小論部門【潜龍舎】などへのご面談・体験授業のお申し込みはお気軽にこちらへ

Facebook Twitter