CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 【全国対応】「勝つための」志望理由書をつくるために ―AO・推薦入試志望理由書 作成対策講座

【全国対応】「勝つための」志望理由書をつくるために ―AO・推薦入試志望理由書 作成対策講座

「勝つための」志望理由書をつくるために

AO・推薦入試の人気の上昇、志願者の増加とともに、評価対象の一つとなる志望理由書対策のノウハウも充実化してきている。その結果、巷には対策専門書や、ネットでも「志望理由書の作り方」といった記事があふれるようになった。AO・推薦入試対策指導のプロから見ても、「そうだよね、それは大事よね」と思う、ポイントを押さえた本や記事もある。しかし、そうした対策本や記事を見ているだけでは、あなたの志望理由書は完成しないし、できたとしても猿真似のような量産型志望理由書しか生み出せなくなってしまう。

 

AO・推薦入試の審査官である大学の先生は、数十枚、数百枚の志望理由書を読まされることになる。仕事として「読まされる」わけだ。そんな彼らに量産型志望理由書、つまり、どこかの誰かがまた同じような内容で書いてきた志望理由書を何十枚と読ませたらどうなるだろうか。それらの志望理由書は合格しない。何しろおもしろくないからだ。

 

同一学部、同一学科を志望するのだから、将来的な方向性や大学で学びたいことも、皆似たり寄ったりになってくるのは、当然のことだ。それならば、そこから一歩抜きんでて、「勝つことができる」志望理由書を作成するにはどうしたらいいのだろうか。答えは簡単だ。潜龍舎の志望理由書対策講座を受講してくれ。それだけだ。

 

あなたのコアな経験、考え方を取りだす

量産型志望理由書にならないようにするためには、あなたにしか書けない内容を持つ志望理由書を作成する必要がある。もちろん記述において、一定の型や内容として必須のものはある。しかし、型にはめたように部活動や学園祭やアルバイトやボランティアをがんばりました!、こんなすごい成果を出しました!、各種の社会的問題、国際協力、異文化理解、貧困、オリンピック、スポーツetcに興味があるから、貴学で学びたい!と記述しても無駄である。なぜ高校時代に貴重な時間を費やし取り組んだのか、なぜ各種の問題やテーマに興味があり、一生をかけてみたいと思うのか、幼いころの夢は何だったのか、それが今どのような考えで大学に進学しようとしているのか、「それ」をあなたがやらなければならない必然性はどこあるのか、あなたはどうやって社会に貢献し、飯を食おうというのか、なぜその大学でなければならないのか、こうした根本的な問いに向き合わなければ、どんな美辞麗句を並べても、どんなに形式的に整った志望理由書を書いても、無駄である。あなたの人生について、答えが簡単には出ないような「なぜ」という問いを自分に突き付け、哲学的ともいえる対話を繰り返していかなければ、「勝つことができる」志望理由書はできない。つまり、あなたのコアな経験や考え方を志望理由書にどれだけ反映させることができるのかが重要なのだ。したがって、「勝つことができる」志望理由書を作成するには、あなたはあなた自身に向き合う必要がある

 

どうやって自分に向き合うのか―潜龍舎の伴走

自分に向き合うというのは、言うは簡単だが、大人でも難しい。大人であっても、自分に向き合えず、自分の姿を正視できないため、道に迷っているように見える人がたくさんいる。一人で自分に向き合うのは大変だ。だから、伴走者が必要となる。潜龍舎のスタッフは代表の佐藤以下みな、あなたが自分に向き合うときに、共に走る。提出された志望理由書を添削する程度の指導は行わない。何を書くべきなのかをあなたとともに探っていく。1回120分の長いセッションのなかで、あなたに多種多様な「なぜ」という問いを提示し、生い立ちから今までの人生についてあなたにインタビューを繰り返し行いながら、あなたとの対話を通じてあなたに固有のコアな考え、経験を取り出そうとする。あなたの一番深い部分、幼少期からこれまでの生き方、そして将来の展望を言語化し、共有しながら、あなたと「ともに」悩みながら志望理由書作成を行っていく。また、大学さらには各学部のアドミッションポリシーを正確に把握し、あなたがポリシーに適合し、大学側が絶対に取りたいと思う人物であることをアピールする。そのために、あなた自身も気がつかない魅力を見つけ出すことに全力を尽くす。こうした対話にもとづいて作られたあなたの志望理由書は、唯一無二かつ圧倒的文圧を備えた合格するための志望理由書となる。

 

 

面接でも生きる対話

以上のように、あなたとの長い、長い対話をとおして得られたあなたの生のことばは、すべてが志望理由書に反映できるわけではもちろんない。しかし、あなたと潜龍舎スタッフとのこの対話が面接において、圧倒的なあなたの強さにつながる。ちょっとやそっとの質問ではびくともしないし、たとえ圧迫面接を受けても負けない。潜龍舎における対話から、あなたには思考を展開する力や、あなたについて語るうえでの正確な言葉が備わっているからだ。

 

 

 

この記事を読んでくれたあなたならもうすでにわかっているだろう。「勝つことができる」志望理由書の作成には時間がかかり、適切な指導者との対話が必要だということだ。潜龍舎のスタッフは、「勝つことができる」志望理由書の作成ために、あなたとの対話に全力を注ぎ、あなたが何者であるかをあなたととも伴走しながら見つけ出す今は何者でもないあなたが、将来「龍」となる道筋を探求する学び舎、それが潜龍舎である。

 

 

 

【全国対応】AO・ 推薦入試 対策講座

対策内容

①志望理由書作成対策

推薦入試では、英語資格・検定試験の成績、志望理由書、調査書等の提出が求められます。選考において重視される評価対象の一つに志望理由書があります。志望理由書は、以下の3点について説明することを求められる場合が多いです。

 

1.これまでの学習・経験・活動に触れながら、なぜ志望大学を受験しようと考えたのか。

2.入学後の学習計画・目標等、何を、どのように学び、実現したいか。

3.学んだことを、将来どう生かしていきたいか。

 

志望理由書の作成において重要なのは、「過去―現在―未来」をつなぐ一貫性があることです。潜龍舎では、「7つの観点メソッド」をもとに志望理由書作成に盤石な指導を行い、「合格するための」志望理由書を作成します。詳しくは、以下のページをご参照ください。

 

鉄壁の志望理由書を作成するために

 

②面接対策

大学側が提示する評価のポイントに従い、就職試験でも通用する面接の技術を指導しています。とはいえ、テクニックに終始することなく、コミュニケーションの根本から考え、受講者に体得してもらいます。すなわち、人に何かを伝えるときに最も効果的かつ重要なことはいったい何なのかを考えながら、本質的なコミュニケーションのあり方を模索、工夫することによって、受講者自身の個性や魅力が輝く「攻めの」面接を行えるように指導します。

 

 

 

各大学AO・推薦入試 対策講座 受講希望者 推奨参照記事

AO・推薦入試を受けようと考えている受験生へ【AO・推薦入試のためのストラテジー】

鉄壁の志望理由書を作成するために

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(AO・推薦入試対策編)【合格体験記】

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(小論文編)

小論文指導の劇的ビフォーアフター

 

 

各大学専科講座

【全国対応】早稲田大学 政治経済学部 グローバル入試 対策講座 【模範解答】

【全国対応】慶應大学 法学部 FIT入試 専門対策講座

【全国対応】慶應義塾大学 AO入試対策講座

【全国対応】上智大学 推薦入試(公募制) 対策講座

【全国対応】東京女子大学「知のかけはし入学試験」対策講座

【全国対応】國學院大學 公募制自己推薦(AO型)入試 対策講座

【全国対応】順天堂大学 AO・推薦入試対策 「私の順大プラン」・小論文

【全国対応】明星大学 教育学部 AO入試 小論文 対策講座【模範解答】

【全国対応】女子栄養大学 アクティブ・ラーニング入試 対策講座

【全国対応】東洋大学 公募推薦入試 対策専門講座

【全国対応】埼玉大学 推薦入試 対策講座

上記講座は対策講座の一部です。

上記以外の大学のAO・推薦入試対策もお任せ下さい。

 

潜龍舎 合格実績

 

 

 

 

 

 

 

 

【全国対応】AO・ 推薦入試 対策講座 開講中!随時受付中!

下記フォームよりお問合せ/お申込みください。

 

↓ 過去の潜龍舎ブログはこちらから ↓

https://www.yu-hikai.com/category/senryuu

 

潜龍舎 小論文『十の奥義』

 

 

【AO・推薦入試小論文対策専門塾 潜龍舎】AO・推薦入試対策 相談受付中!

小論文を中心にアカデミックスキルに熟達した専門スタッフが指導するAO・推薦入試対策専門塾。双方向通信システムZOOMを用いた全国対応。「志」のある受験生のみなさん、学校の先生や予備校のスタッフにはできない専門指導によって、適切な対策を行いAO・推薦入試に臨み、合格を勝ち取りましょう。

Facebook Twitter