CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 【全国対応】立教大学 自由選抜入試 対策講座

【全国対応】立教大学 自由選抜入試 対策講座

立教大学 自由選抜入試の特徴

自由選抜入試は、1994年から行われており、AO入試型試験として伝統のあるものです。学部によっては、出願資格も細かに規定され、くわえて受験生を審査する大学側の目も厳しくかつ肥えており、周到な準備をしなければ合格するのが難しい試験と言えます。今年度からは、社会学部も自由選抜入試を開始します(社会学部「自考力入試」)。

 

試験は1次選考の書類審査(志望理由書、調査書、活動報告書、英語資格、課題レポートなど)があります。各学部2000字の志望理由書(観光学部の課題作文は3000字)の作成が重いです。立教大学は非常に人気が高く、2019年度入試は各学部総数で自由選抜入試志願者が1078人いましたが、1次選考で半分以下に落とされます(書類選考合格者416人)。人気大学のゆえに、書類審査の段階から厳しい競争を強いられます。

 

2次選考は、外国語試験(文学部)、面接、小論文などが課されます。先ほどの2019年度のデータによれば、2次選考合格者は242人であり、1次選考からさらに半分に絞られることになります。小論文に加え、面接対策も十全に行う必要があることがわかると思います。

 

 

学校の先生に見てもらいます!

申し訳ないですが、「愚かな…」とため息をつかざるをえません。大学を卒業して何年もたった学校の先生たちにアカデミック・スキルがあるのか、あるいはその能力は維持されていると言えるのか。学校の先生に添削してもらったという小論文やレポートを見ると、残念ながら疑義を呈さざるをえません。よく考えてくださいね、無理ですよ。ここは、本物のアカデミック・スキルに習熟した現役の研究者のみがスタッフ(修士以上の学位を保有)をしている潜龍舎にて、対策を行いましょう!餅は餅屋に、AO・推薦入試専門対策塾にまずはご相談ください。

 

立教大学 自由選抜入試 対策講座

①一次選考対策:志望理由書作成指導

潜龍舎では独自の「7つの観点メソッド」をもとに、合格するための志望理由書作成指導を行います。専門スタッフが受講者とのインタビューを繰り返し、受講者の魅力や能力を最大限引き出し、志望理由書に落とし込んでいく作業を受講者と並走しながら行っていきます。したがって、誰にもまねできない、唯一無二の志望理由書を作成することが可能です。マニュアルに従って作られた志望理由書では、勝負すらできません。奇を衒う必要はありませんが、大学において何を学びたいか、何を研究したいのか、というテーマにおいて新規性は必要になります。受講者の興味・関心を引き出しながら、審査官の興味を惹きつけたり、唸らせるような志望理由書を作成できるように指導いたします。

 

※観光学部 課題作文

観光学部では、事前提出の課題作文が課されます(3000字)。テーマは、観光関連産業や観光文化などに関するものです。参考文献等を読んだうえで作成する必要もあり、直接的にアカデミック・スキルの有無が評価されます。潜龍舎がもっとも得意とする対策であり、テーマの選定から具体的な作文の作成法、記述の仕方、添削指導まで行います。論理的かつ明快な作文作成に加え、独創的な視点を提示するための発想法を指導いたします。

 

②二次選考対策:小論文/面接 対策指導

小論文対策

(理学部、観光学部、経営学部国際経営学科、異文化コミュニケーション学部A方式)

潜龍舎では、厳しい指導を行います。普段、メールやLINE、せいぜいツイッター等の文章作成しかせず、原稿用紙3枚上の文章すら書いたことのない生徒たちの貧弱極まりない文章(もどき)を、鍛えていきます。論述すべきテーマの発想法や論理構成、 レトリックの技法、具体例の挙げ方、助詞の使い方にいたるまで、 刀剣を作るように徹底して鍛え上げます。したがって、添削は出来次第では文章の全行に赤入れをします。 どうか、へこまないでください。

 

潜龍舎の小論文指導については、詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

面接対策

大学側が提示する評価のポイントに従い、就職試験でも通用する面接の技術を指導しています。とはいえ、テクニックに終始することなく、コミュニケーションの根本から考え、受講者に体得してもらいます。すなわち、人に何かを伝えるときに最も効果的かつ重要なことはいったい何なのかを考えながら、本質的なコミュニケーションのあり方を模索、工夫することによって、受講者自身の個性や魅力が輝く「攻めの」面接を行えるように指導します。

昨今は、大学側も「暗記してきた内容を暗唱するような姿勢」は評価しません。「質問の趣旨に応じた応答内容をその場で考えて話し、さらに対話を続けるような姿勢」が求められます。潜龍舎でも当然、対話としての面接の訓練を行っていきます。

 

 

 

AO入試 対策講座 受講希望者 推奨参照記事

AO・推薦入試を受けようと考えている受験生へ【AO・推薦入試のためのストラテジー】

 

鉄壁の志望理由書を作成するために

 

「勝つための」志望理由書をつくるために

 

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(AO・推薦入試対策編)【合格体験記】

 

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(小論文編)

 

小論文指導の劇的ビフォーアフター

 

潜龍舎 合格実績

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【全国対応】立教大学 自由選抜入試  対策講座  開講中!随時受付中!

下記フォームよりお問合せ/お申込みください。

 

↓ 過去の潜龍舎ブログはこちらから ↓

https://www.yu-hikai.com/category/senryuu

 

潜龍舎 小論文『十の奥義』

 

 

【AO・推薦入試小論文対策専門塾 潜龍舎】AO・推薦入試対策 相談受付中!

小論文を中心にアカデミックスキルに熟達した専門スタッフが指導するAO・推薦入試対策専門塾。双方向通信システムZOOMを用いた全国対応。「志」のある受験生のみなさん、学校の先生や予備校のスタッフにはできない専門指導によって、適切な対策を行いAO・推薦入試に臨み、合格を勝ち取りましょう。

Facebook Twitter