CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 2016 立教大学 自由選抜入試 異文化コミュニケーション学部 小論文 模範解答

2016 立教大学 自由選抜入試 異文化コミュニケーション学部 小論文 模範解答

筆者によれば、文化本質主義とは、人々の個別の差異を捨象し、文化についてのステレオタイプな考え方によって、特定の文化のもとに属する人々を同質的かつ一義的にとらえようとする事態である。したがって、筆者は、異文化理解といった場合の「異文化」のとらえ方が、ステレオタイプなものになってしまうという弊害を指摘している。その結果、文化本質主義においては、ある人をその人が帰属する特定の文化の相においてのみとらえてしまうことによって、その人自身を一人の個人として見る視点を失わせてしまうと述べられている。こうした、文化本質主義にもとづけば、今後さらにグローバル化が進展し、多文化共生が望まれる社会において、自分とは異なる他者をステレオタイプな理解の範囲にとどめてしまうことによって、異質な他者の異質性そのものを認めたり、理解する道を閉ざしてしまう。それでは、どのように文化本質主義を克服し、望ましい多文化共生のあり方を実現するにはどうしたらよいだろうか。

異文化理解として、自分にとって異質な文化のあり方や特徴について理解を深めること自体はよい。しかし、文化本質主義のように、その理解を一元的に異文化圏の人々に適用することが問題だと考える。したがって、自分にとっての異質な他者のあり方を一定の解釈や見方によって決めつけるのではなく、一人の人間として「その人」を理解していく必要があると考える。そのためには、多様な他者に出会い、「その人」をその都度理解しようとするコミュニケーションを図ることが重要だと考える。なぜなら、特定の文化圏にいる人々がそうした文化の持つ特徴を必ずしも備えているわけではなく、個別具体的なコミュニケーションによって、人々を理解する以外に他者を理解する道はないと考えるからだ。したがって、「異文化」として特徴づけられる性質は、あくまで概括的なものでしかないことを知り、個別の人間が置かれている状況や環境において、「その人」を理解しようとする姿勢が多文化共生のための第一歩となると考える。

以上より、多文化共生のためには、「異文化」として特徴づけられるステレオタイプにとらわれることなく、「その人」について知ろうとする姿勢を持つことが重要だと考える。(957字)

 

 

こんな人はすぐに潜龍舎へ

・学校の先生に見てもらっているけれど、まともな添削指導になっていない気がする…。

・予備校の小論文コースを受講しているけれど、小論文がまともに書ける気がしない…。

・過去問を見たら、どうしたらいいのか分からなくなった(何を書けばいいのかわからない)…。

・自由選抜入試小論文の過去問対策を専門に見てもらいたい。

 

まずは、下記のご相談フォームより現状についてご相談ください。

 

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(小論文編)

 

小論文指導の劇的ビフォーアフター

 

潜龍舎 合格実績

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【全国対応】大阪府立大学 地域保健学域 看護学類 一般入試(前期) 小論文 対策講座 開講中!随時受付中!

下記フォームよりお問合せ/お申込みください。

 

↓ 過去の潜龍舎ブログはこちらから ↓

https://www.yu-hikai.com/category/senryuu

 

潜龍舎 小論文『十の奥義』

 

 

【AO・推薦入試小論文対策専門塾 潜龍舎】AO・推薦入試対策 相談受付中!

小論文を中心にアカデミックスキルに熟達した専門スタッフが指導するAO・推薦入試対策専門塾。双方向通信システムZOOMを用いた全国対応。「志」のある受験生のみなさん、学校の先生や予備校のスタッフにはできない専門指導によって、適切な対策を行いAO・推薦入試に臨み、合格を勝ち取りましょう。

Facebook Twitter