CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 2018 群馬大学 教育学部 文科社会系 国語専攻 小論文 模範解答

2018 群馬大学 教育学部 文科社会系 国語専攻 小論文 模範解答

1

筆者によれば、ある言葉の使用法について、それが間違いである根拠は「辞書に載っているか」、いいかえれば「自分が言語を学んだときに使われていたか」という世代差にすぎず、一方を誤用、他方を正用というふうに区別するのは論理的に見ればおかしい。

私は「時差による線引き」をおこなうことに対して反対である。まず「時差による線引き」とは、筆者によれば、自分が言葉を学んだときに流通していた使用法を正しいものと見なす一方で、流通していなかったものを誤用とすることである。しかし、言語は常に変化するものなのだから、唯一の正しい言葉遣いなどというものはそもそも存在しえない。辞書とは、それを編纂した時点で定着した語彙を集めたものである。それゆえ、辞書に収録されている言葉は、決してある言葉の使われ方が正しいからという理由で載せられたわけではない。仮に正しい言葉遣いというものがあり、辞書にはそれが載っているというのであれば、辞書を改訂する必要はなくなるはずである。

以前NHKの番組で、「椅子に座る」という表現は誤用であり、正しくは「椅子に掛ける」と言うべきだという内容が述べられていた。「座る」は地面や床に腰を下ろすことが本来の使い方だというわけである。しかし、現代においては、「椅子に座って待つ」とか、相手に席を勧めて「どうぞお座りください」などと使われることも多く、すでに一般化した使用法である。それゆえ、一方の使い方を退けるのは、言語の変化と言語の誤用とを混同したものである。

このように考えると、一般に言語使用の正誤を分けるのは、判断する人がある言葉の使用法に違和感を覚えるかどうかにかかっており、この違和感の有無は、その人がどのような言語形成期を送ったかということに由来する、偶然的な事柄にすぎないと言える。(745字)

 

2

まず、「本を読むことが世界を広げる」というときに意味されているのは、読書によって新しい考え方や視点を得られるということである。そして、新しい考え方や視点を得るとは、自分がそれまでに持っていた捉え方や概念とは別のものがあることを知り、従来の見方を相対化することである。たとえば、村田沙耶香の『タダイマトビラ』では、「家族」という概念に対する常識的な理解が徹底的に相対化される。家族のあり方や家族内の人間関係について、それを善いものとか暖かいものと決めつける価値観が否定され、むしろ「家族」という概念に酔う人たちが自己満足に浸るためのものとして捉えなおされる。こうして、「家族」に対する新しい見方、常識とは異なる世界の捉え方を知ることができる。本は、時代、国や地域、文化、言語、価値観などさまざまな点で異なった人によって書かれているので、以上の意味において「世界を広げる」きっかけに満ちている。(395字)

 

 

こんな人はすぐに潜龍舎へ

 

・まだ小論文対策を始めていない。

・市販の小論文の参考書を買って、書いてきたつもりだけれど、

ちゃんと書けているかわからない。

・学校の先生に見てもらっているけれど、まともな添削指導になっていない気がする…。

・予備校の小論文コースを受講しているけれど、小論文がまともに書ける気がしない…。

・過去問を見たら、どうしたらいいのか分からなくなった(何を書けばいいのかわからない)…。

・配点を見て、他でカバーするからいいや、と思っている…。

・センター試験で苦手科目があるから、小論文で差をつけてカバーしたい…。

・過去問対策として群馬大の問題を専門に見てもらいたい。

・試験まで残り日数がないため、短期間で小論文をマスターしたい。

 

 

最短で群馬大合格のために特化した論述スキルの伝授、

発想法の指導を行います。

また、試験と同等の採点基準で添削を行います。

したがって、何をどこまで鍛える必要があるのか、

明確にして、指導を行います。

 

 

講座内容

①添削コース+添削指導書+オリジナル模範解答

※添削指導書(内容に関する詳細な指摘、小論文の改善方法を文面で指導します。)

 

②添削+映像対面指導コース(120分)

上記添削コースに加え、双方向映像通信アプリを用いた対面指導を行います。パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれかがあれば、どなたでもすぐにご利用可能です。添削では教えきれない、課題に対する発想方法、考え方を指導いたします。

 

 

【群馬大学 教育学部 小論文対策コース】開講中!随時受付中!

 

小論文を確実な得点源として、

合格を勝ち取りましょう!

まずは、下記のご相談フォームより現状についてご相談ください。

 

潜龍舎 合格実績

 

 

 

 

 

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(小論文編)

 

小論文指導の劇的ビフォーアフター

 

↓ 過去の潜龍舎ブログはこちらから ↓

https://www.yu-hikai.com/category/senryuu

 

 

 

潜龍舎 小論文『十の奥義』

 

 

 

 

 

 

 

【全国対応】国公立大学 小論文 対策講座【潜龍舎 圧倒的文圧で合格をつかみ取る!】

潜龍舎ではアカデミック・スキルに熟達し、現役研究者でもある小論文指導対策専門のスタッフが、対策指導を完全個別指導にて行います。圧倒的文圧で合格を勝ち取る小論文作成のノウハウを指導いたします。【文章を書く訓練を「まったくしたことがない」高校生大歓迎!】

Facebook Twitter