CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 早稲田大学 スポーツ科学部 小論文の書き方 実況中継②

早稲田大学 スポーツ科学部 小論文の書き方 実況中継②

AO・推薦入試小論文専門塾 潜龍舎

LINE@始めました。

早稲田大学スポーツ科学部志望者の

受験や小論文対策のご相談にお答え

いたします。

友達追加をよろしくお願いいたします。

友だち追加

 

―明確な意見と根拠を論述せよ―

 

現在、リアルタイムで指導している受験生の

リアルな解答を参考に、小論文の書き方の

ポイントを一部紹介しよう。

前回に引き続き、問題は

2011年度早稲田大学スポーツ科学部。

(前回分について小論文の書き方①を参照のこと)

 

論点を把握するのが第1ステージ。

第2ステージでは、論点を把握したうえで、

自分の意見と根拠を考える

文化としてのスポーツを重要視する課題文筆者

の主張に対して、賛成しても反対しても構わない。

ただし、それには条件がある。

それは、理にかなった根拠を提示することが

できる限りでそのような意見を述べてもよいということだ。

理にかなうというのは、

相手が納得することができるという意味だ。

実況中継

今回の受験生の答案では、はじめに自分なりの

スポーツに対する定義が述べられ、それについて

説明するという論述形式となっていた。

スタイルとしては、全く問題ない。

むしろ、自分なりに定義を作って論じることが

できたのは評価できる。しかし、意見の中心となる

自分なりのスポーツに対する定義が曖昧であった。

 

本人も途中で何を論じているのか

わからなくなってしまったのではないだろうか。

結論もそれまでの論述からはどうがんばっても

論理的には出てこない結論が引き出されており、

インチキ結論だ!とこの受験生は私から

辛辣なコメントをもらうことになってしまった。

 

(成り上がるために、己のどこが弱点で、

ダメなのかを徹底的に指導され、

把握してもらって、次につなげてもらう。

これが潜龍舎メソッド。)

 

意見を明確にすること、これは論述の上で重要なことだ。

つづく

 

早稲田大学 スポーツ科学部 小論文を10日間で完成させる

早稲田大学スポーツ科学部小論文 直前対策講座
これまで書く訓練をしたことのない君の小論文を10日間で合格答案にします。

Facebook Twitter