CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 文武修身塾ブログ > 明治大学文学部心理学科合格体験記 春日部高校 木内君

明治大学文学部心理学科合格体験記 春日部高校 木内君

 

自分は中学一年生から雄飛会に通っていました。

中学三年間は一柳先生に、

高校三年間は梶谷先生に指導していただきました。

 

高校は春日部高校に進学し、

部活をしながら週に3~4日塾に通っていました。

 

ラグビー部に所属していて毎日遅くまで練習があり、

授業開始時間に間に合わないことが多かったですが

臨機応変に対応していただきました。

 

部活と勉強の両立でつらい1・2年の時に

頑張っておいた分が3年になってから

役に立ったと思います。

 

3年になってからは週に2回の道場に加え、

週に1回の個別授業がありました。

 

自分は国語が苦手だったので

個別授業では国語を強化しました。

 

主に志望校の過去問を解いて

梶谷先生に解説をしてもらうという内容でした。

 

この授業のおかげでなんとなく読んでいた

現代文の読み方を統一することができ、

得点アップにつながったと思います。

 

自分は私立文系志望だったため

本来共通テストはそこまで重要ではありませんが、

共通テスト利用で滑り止めの大学を合格し

気持ちを落ち着かせたかったので

12月ごろから共通テスト対策に力を入れました。

 

塾では英語リーディングと国語を指導してもらいました。

 

自分はどちらの教科も時間との戦いだったので

いかに素早く正確に解くかを

梶谷先生と試行錯誤しました。

 

そのおかげで3つの大学に受かりました。

 

自分が最も学力が伸びたと感じたのは

共通テスト後の一か月です。

 

この期間では対面授業とオンライン授業を

織り交ぜながら私立の過去問を解きました。

 

毎日必ず全教科時間をはかりながら解くこと

を意識していました。

 

私立の受験が始まってからは

本番の問題をその日のうちに復習する

ということをしていました。

 

特に社会科目は同じ問題が

他の学校・学部で出ること多いので

一度間違えたものは必ず覚えるようにしていました。

 

梶谷先生の言葉を信じ、実践してよかったと思います。

三年間ありがとうございました。

 

雄飛教育グループ:現役合格フローチャート!

 

雄飛教育グループの大学受験部門正式発足5年

主な進学先(複数人進学した大学)をあげると

  

赤色更新された進学人数!

 

早稲田大学 10名

慶應義塾大学 3名

上智大学   4名

明治大学   2名

東京学芸大学 4名

順天堂大学  4名

日本女子大  4名

東京女子大  4名

白百合女子  4名

東洋大学   3名

青山学院   2名

京都教育大学 2名

 

魔法はない。

でも、圧倒的進学先の理由はある。

 

雄飛教育グループ:大学受験部門

オンライン【入塾説明会】文武修身塾×潜龍舎

 

より塾の雰囲気や教務力を知るためのブログ

 

西高ギャルから法政ギャルへの挑戦!

 

市立浦和から華麗に早稲田合格を決める話

 

文武修身塾:浦高勢、早稲田制圧のお話

 

慶應義塾大学に合格するお話

潜龍舎の小論文対策指導を3年間受け続けて、慶應義塾大学に合格するお話【合格体験記】

 

早稲田大学 スポーツ科学部 小論文 について

【オンライン・添削指導・個別指導】早稲田大学 スポーツ科学部 小論文 について【一般入試&自己推薦入試】【模範解答】

 

雄飛教育グループ:大学受験部門

↓ 文武修身塾ブログはこちら ↓

https://www.yu-hikai.com/category/bunbu

↓ 潜龍舎ブログはこちら ↓

https://www.yu-hikai.com/category/senryuu

 

合格奪取戦略構築大相談会実施しています!

個別授業、徹底演習道場の体験受付中です!

お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

【部活両立現役合格専門塾 文武修身塾LINE公式】

友だち追加

 

高校受験部門はこちら!

雄飛会オンライン動画【入塾説明会】

 

君の現状から志望校までの距離と残り時間から圧倒的受験戦略を一緒に構築します!

逆転合格へ向けて、やるべきことを明確にプランニングします!まずは受験戦略構築面談へお申し込みください!結果を出す一流の選手には、必ず優秀なコーチが付いています!一緒に取り組もう!

Facebook Twitter