CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 【オンライン指導 個別指導 添削指導】総合型選抜(AO入試)/学校推薦型選抜(推薦入試)・小論文対策専門塾・予備校 『潜龍舎』【オンライン家庭教師】

【オンライン指導 個別指導 添削指導】総合型選抜(AO入試)/学校推薦型選抜(推薦入試)・小論文対策専門塾・予備校 『潜龍舎』【オンライン家庭教師】

Contents

 

雄飛教育グループ:【挑戦する受験】

 

心を耕し、根を育て、

雄飛スピリットを身につけよう!

自律し、自立し、自走できる生徒へ!

一燈照隅、

日本・世界のどこかを支える人間に!

 

Control yourself !

Catch your learning !

Create your future !

 

 

総合型選抜・学校推薦型選抜 対策 / 大学入試小論文 対策 専門塾 潜龍舎 潜龍舎 ご案内

はじめまして、潜龍舎代表の佐藤陽祐と申します。

潜龍舎は、大学入試における総合型選抜・学校推薦型選抜対策、小論文対策を専門に行う塾です。

 

指導内容

受験生対象 小論文対策講座

当講座の受講対象者は、大学受験における総合型選抜・学校推薦型選抜、一般入試において課される小論文対策を希望する高校生です。厳しい指導を行います。普段、メールやLINE、せいぜいツイッター等の文章作成しかせず、原稿用紙1枚上の文章すら書いたことのない生徒たちの貧弱極まりない文章(もどき)を、受験に向けて鍛えてまいります。論述すべきテーマの発想法や論理構成、 レトリックの技法、具体例の挙げ方、助詞の使い方にいたるまで、刀剣を作るように徹底して鍛え上げます。したがって、添削は出来次第では文章の全行に赤入れをします。どうか、へこまないでください。また専門家による添削に加え、80分という指導時間は、与えられたテーマについて何を考えるか、どう考えるかという思考法を講師との本気の対話をとおして、磨き上げることに用いられます。

 

指導コース

・添削コース(添削+模範解答+アドバイスレポート)

添削に加え、アドバイスレポート(内容に関する詳細な指摘、小論文の改善方法を文面で指導いたします。)ある程度「書く」ことができる生徒様のご受講をおすすめします。

 

・添削+オーダーメイド指導動画コース(添削指導+オーダーメイド指導動画)

添削指導に加えて、20分~30分ほどの動画指導をお送りいたします。そのつど、あなたのためだけに動画を制作し、ポイントや修正案、発想法などを伝え、高い指導効果を生み出します。

 

・添削+対面指導コース(添削コース+対面指導80分)

「添削コース」に加えて、添削のみでは教えきれない、課題に対する発想方法、出題者の意図をとらえる考え方を指導いたします。(※遠方の方は、双方向映像通信アプリZOOMを用いた対面指導を行います。スマートフォン、タブレットがあればどなたでもすぐにご利用可能です。)

 

※受講料金は80分の対面型個別指導に対するものではなく、主として添削指導等にかかる料金です。80分という指導時間はあくまで80分という枠の確保を約束させていただくものであり、対策が順調であったり、受講者からの質疑がなければ、80分より早く指導が終了する場合もあります。

 

・総合型選抜・学校推薦型選抜 講義型レポート/小論文 対策 コース(講義+添削+対面指導)

潜龍舎は、代表佐藤が現役の大学教員(博士:哲学)であり、佐藤以下のスタッフも全員が修士号以上の学位を有する研究者集団です。高3生には佐藤が実際に大学レベルの講義を行ったうえで、講義ノートの取り方やレポート/小論文の書き方について指導していくため、本番の試験と同様のスタイルで講義型レポート/小論文試験対策を行ってまいります。

 

 

受講料 (月毎に受講前のお支払いとなり、指定口座への銀行振込をお願いしております。)

・ご入会金 ¥20,000-(税込 ¥22,000-)

・添削コース: 1回  ¥15.000-(税込 ¥16,500-)

・添削+オーダーメイド指導動画コース: 1回 20,000-(税込 ¥22,000-)

・添削+対面指導コース : 1回 ¥24,000-(税込 ¥26,400-)

・総合型選抜・学校推薦型選抜 講義型レポート/小論文 対策 コース:1回 ¥27,000-(税込¥29,700-)

 

※受講回数は、各大学の小論文の難度や受講者様の実力や、対策時期によって異なります。受講者様との対策スケジュールの打ち合わせをさせていただき、月毎の対策日時を決定しております。

 

 

高校1、2年生対象 小論文対策講座

【全国対応】高校1,2年生向け 【小論文道場】

【全国対応】高1,高2から始める慶應小論文道場

 

 

小論文関連記事

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(小論文編)

小論文の対策を「早く」始めなければ「ならない」深刻な理由①

小論文の対策を「早く」始めなければ「ならない」深刻な理由②

高校1、2年生向け 小論文を書くために読んでおきたい本

圧倒的文圧を持つ小論文の書き方

君の先生が小論文や志望理由書の書き方をきちんと指導してくれるかどうかを見極める3つのポイント

 

 

 

受験生対象 総合型選抜・学校推薦型選抜 対策講座

志望理由書(自己推薦書)対策

総合型選抜・学校推薦型選抜において課せられる志望理由書作成の対策講座です。総合型選抜・学校推薦型選抜の合格者は、全体の合格者のごく一部だと思っている人がまだ多くいます。しかし、いまや私立大学合格者の5割は総合型選抜・学校推薦型選抜によるものです。総合型選抜・学校推薦型選抜は、難関大学における多くの学部でも課されています。志望の大学に合格するためには、この総合型選抜・学校推薦型選抜と一般入試の両方の機会を生かすのが賢明な受験方法です。この総合型選抜・学校推薦型選抜において一等重要な課題となるのが志望理由書です。

志望理由書には、合格するために必要な要素があります。これらの要素は「8つのフェイズ」に分けられ、潜龍舎では「8つのフェイズ」を記述に盛り込む指導(「8(エイト)フェイズメソッド」)を行い、「合格する志望理由書」を作成できるように指導いたします。ノウハウもなく志望理由書を「それっぽく」作成した量産型志望理由書では、総合型選抜・学校推薦型選抜では合格を勝ち取ることはできません大学が提示するアドミッション・ポリシーを理解するところから始め、生徒の将来も見据えた、圧倒的文圧を備える唯一無二の「合格する志望理由書」作成指導を行います。

 

「添削×アドバイスレポート×対面セッション(80分)」

添削やアドバイスレポートによる作成指導に加えて、受講者の志望や考えを、毎回80分間の長いセッションにおいて、インタビュー形式で解き明かしていき、もっともコアとなり、受講者のオリジナルな志望理由を志望理由書に反映させていく作業をじっくりと行っていきます。受講者の一番深い部分、幼少期からこれまでの生き方、そして将来の展望を言語化し、共有しながら、受講者と「ともに」志望理由書作成を行っていきます。当然、指導は個別対応となります。また、大学さらには各学部のアドミッションポリシーを正確に把握し、受講者がポリシーに適合し、大学側が絶対に取りたいと思う人物であることをアピールする「攻める」志望理由書を作成します。その結果、潜龍舎の指導の下で作成した受講者の志望理由書は、唯一無二かつ圧倒的文圧を備えた合格するための志望理由書となるわけです。志望理由書作成と同様に、事前レポート課題、プレゼンテーション、グループディスカッション、面接への対策指導も十全に行います。お申込み/お問い合わせは下記フォームより、お願いいたします。

 

○志望理由書・自己推薦書 作成 完成指導講座

−4月〜7月のみ実施–

講座内容

・80分対面型個別指導[隔週月2回](オンライン指導可能)

・合格する志望理由書を完成させます

・すべて代表佐藤による完全個別指導

・志望理由書・自己推薦書 原稿添削&アドバイス

・学部フィッティング(志望学部における学問分野と将来の志望との適合調整)

・参考文献リサーチ&ご提案(志望理由書作成に必要な文献のリサーチとご提案)

・先行研究リサーチ(問題意識についての当該学問分野の先行研究のリサーチと指導教授のご提案)

・LINEでの志望理由書100本ノック(志望理由書作成アイディアのブレインストーミング、毎日対応可能)

・LINE・メールでの作成指導相談(随時受付可能)

・併願校戦略構築プランニング

 

ご入会金:¥20,000-(税込¥22,000-)※初月のみ

月謝:¥72,600-(税込¥79,860-)

 

8月以降は小論文対策講座や面接対策講座に移行します。

※受講料金は80分の対面型個別指導に対するものではなく、主として添削指導等にかかる料金です。80分という指導時間はあくまで80分という枠の確保を約束させていただくものであり、対策が順調であったり、受講者からの質疑がなければ、80分より早く指導が終了する場合もあります。

 

 

○単科コース

受講料

ご入会金: ¥20,000-(税込¥22,000-)(初回のみ)

 

・総合型選抜・学校推薦型選抜 志望理由書/自己推薦書 トータル作成指導コース

1回 (添削指導+80分 個別対面指導):

¥24,000-(税込¥26,400-)

 

・添削+オリジナル指導動画コース(添削指導+オリジナル指導動画)

添削指導に加えて、20分~30分ほどの動画指導をお送りいたします。そのつど、あなたのためだけに動画を制作し、ポイントや修正案、発想法などを伝え、高い指導効果を生み出します。

1回 ¥20,000-(税込¥22,000-)

 

・添削指導コース(文面による添削指導のみのコースです。)

添削に加え、アドバイスシートをお送りさせていただき、修正要件を明確にしながら、志望理由書/自己推薦書の作成指導を行なってまいります。

1回   ¥15,000-(税込¥16,500-)

 

・総合型選抜・学校推薦型選抜 課題レポートトータル作成指導コース

(添削指導+80分対面指導セッション、オンライン指導対応可)

レポート作成のために必要な参考文献や論文の探し方や、読むべき参考文献の検討・提案などを行い、レポートの添削を繰り返し、受講者とともにテーマについてディスカッションを行いながら、「高評価を得るためのレポート」作成指導を行います。潜龍舎のレポート作成指導が強力かつ有効なのは、代表佐藤以下、すべてのスタッフが現役の研究者であり、現役の学術論文執筆者がアカデミック・スキルに基づき、学術的観点からレポート作成指導を行うからです。資料や参考文献の探し方、どのようなテーマを選定するか、レポートの構成など、研究に必要なスキルとしてのアカデミック・スキルを生徒に伝授しながら、実践的なレポート作成指導を行います。

1回 ¥24,000-(税込¥26,400-)

 

※受講回数は、各大学から要求される志望理由書やレポートの文字数や内容によって異なります。受講者様との対策スケジュールの打ち合わせをさせていただき、月毎の対策日時を決定しております。

※受講料金は80分の対面型個別指導に対するものではなく、主として添削指導等にかかる料金です。80分という指導時間はあくまで80分という枠の確保を約束させていただくものであり、対策が順調であったり、受講者からの質疑がなければ、80分より早く指導が終了する場合もあります。

 

 

潜龍舎 面接対策講座

志望理由書/自己推薦書をご提出していただき、大学教員の観点から受講者に固有の質問を用意し、本番の水準の面接応答の方法について、指導いたします。合格者たちから「本番の面接より、潜龍舎の面接の方が厳しかった!」と言わしめる面接対策指導、ぜひご利用ください。

受講料 ¥15,000-(税込¥16,500-)

君だけのオリジナル面接質問集の送付+対面指導60分

※各種志望理由書作成対策コースをご受講の方は、面接対策は無料となります。

 

 

潜龍舎の強み-完全1対1個別指導

総合型選抜・学校推薦型選抜の対策指導を行う大手塾さん、たくさんあります。総合型選抜の対策指導、みなさん当然行っています。

各大手塾さんもセミナーやら説明会やら実施していますので、のぞいてみてくださいね。ちなみに弊塾のセミナーは下記のとおり。

 

【全国対応】総合型選抜/学校推薦型選抜 合格プログラム オンラインセミナー【参加無料】

 

弊塾が大手塾さんと異なるのは、学術論文を執筆する現役の哲学研究者であり、大学教員でもある代表の佐藤が、入試審査官である大学教員のニーズを知り尽くし、アカデミズムの立場から指導を行う点にあります。大学における学問や研究の観点から志望理由書作成指導や小論文指導を行う点が、他塾の指導者とは明確に異なり、大きな強みであると言えます。

また、弊塾の特徴としては、一対一の完全個別指導です。大手塾のなかには、指導者一人で複数生徒の指導を同時間内に行うところもあるようです。しかし、過ごす時間や指導の密度は当然、個別指導のほうが高くなります。さらに、指導時間以外にもLINEやメールなどで随時質問対応が可能です。生徒との連絡を密に取りながら、生徒とともに伴走して臨むスタイルが弊塾の大きな特徴だと言えます。まとめましょう。

 

潜龍舎の指導の強み

1.大学教員のニーズを知り尽くし、アカデミズムの立場から指導を行う。

2.完全個別指導+随時質問対応可能

3.生徒の将来を考え、生徒の問題や課題に寄り添った指導を行う。

 

総合型選抜・学校推薦型選抜 志望者のみなさん、ぜひ、大手塾さんも見ていただいたうえで、弊塾のご利用をご検討いただければと存じます。しかし、潜龍舎では、職人気質の極めて強いプロのスタッフが、一人一人の生徒に、時間をかけて、丁寧に小論文や志望理由書、面接等の対策を行います。したがって、指導できる生徒数に限りがありますので、お早目のご相談、ご入会をお願いいたします。

 

 

総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜 受験予定者 推奨参照記事

最初に「志」のお話

なぜ、総合型選抜・学校推薦型選抜の対策を早期から始める必要があるのか。

高校1,2年生ならびにその保護者の皆様へ―総合型選抜 / 学校推薦型選抜 対策はもう始まっている―(全3回)

総合型選抜・学校推薦型選抜 合格したいなら早期対策を!—合格の秘密①—

総合型選抜・学校推薦型選抜 合格したいなら早期対策を!—合格の秘密②—

総合型選抜・学校推薦型選抜 合格したいなら早期対策を!—合格の秘密③—

チャンスをいかせ!私大合格者の半分は総合型選抜 / 学校推薦型選抜 受験者です!

総合型選抜 / 学校推薦型選抜に対する誤解①

総合型選抜・学校推薦型選抜に対する誤解②

総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜に向いていない人

総合型選抜・学校推薦型選抜を受けようと考えている受験生へ【総合型選抜・学校推薦型選抜 対策方法の鍵】シリーズ

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(AO・総合型選抜 / 学校推薦型選抜 対策編)

これから志望理由書を作成するあなたへ【総合型選抜 / 学校推薦型選抜 対策】

「勝つための」志望理由書をつくるために

【全国対応】総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜 対策始動 スターターキット!

その志望理由書で本当に大丈夫?

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(小論文編)

高校1,2年生向け 【小論文道場】

高校1、2年生向け 小論文を書くために読んでおきたい本

圧倒的文圧を持つ小論文の書き方

総合型選抜・学校推薦型選抜 対策・小論文対策 情報配信  【羅針盤チャンネル】

 

 

合格体験記

慶應義塾大学 法学部 合格体験記

慶應義塾大学 総合政策学部 合格体験記

上智大学 総合人間科学部社会福祉学科 合格体験記

津田塾大学AO入試合格体験記

東京女子大学「知のかけはし入学試験」合格体験記 

日本女子大学 総合型選抜 合格体験記

白百合女子大学 総合型選抜入試  合格体験記

東京学芸大学 合格体験記

日本体育大学 総合型選抜 合格体験記 

埼玉県立大学 合格体験記

 

 

FAQ(よくあるご質問)

教室はどこにありますか?

北浦和駅から浦高通り沿い徒歩6分、auショップの反対側の北浦和整形外科内科の入っている2階にございます。地図はこちらになります。なお、当塾は完全予約制となっておりまので、来塾をご希望の方は必ずご予約をお願い致します。

 

地方に在住していますが受講は可能ですか。

潜龍舎の各種対策講座は、オンラインでの受講も可能です。弊塾の所在は埼玉県にございますが、弊塾では、これまで、秋田、福島、三重、静岡、鹿児島、長崎、佐賀などの受験生の指導をオンラインで行い、合格に導いてまいりました。

 

医療・看護系の小論文には対応していますか?

当然、対応しています。これまで、医療・看護の他にも、心理・教育・保育・経済・法学・哲学・神学・文学・教養・数学・都市工学など、様々な学部に対応して参りました。

 

面接やグループディスカッション、プレゼンテーションの対策指導はしてもらえますか?

はい、指導いたします。小論文と面接がセットになっている入試も多く、小論文と志望理由書・面接などの対策をトータルに行うことが可能です。また、事前に大学に提出しなければならないレポート等の対策指導も得意としております。さらに、大学の講義を受けて小論文を書く形式の試験についても、大学教員でもある代表の佐藤が、各種のテーマについて大学レヴェルの講義を行い、盤石な対策を行います。

 

帰国生入試や特殊な入試には対応していますか?

はい、対応しています。小論文を書く力をきちんと身につければ、入試の形態にはあまり左右されません。

※英語小論文の場合、すべての講師が対応できるものではないため、ご依頼を引き受けられるか否かは、個別にご相談ください。

 

社会人入試にも対応していますか?

はい、問題なく対応しています。大学受験の他、就職試験対策(エントリーシートや小論文・面接対策)も対応可能です。

 

月に何コマくらい受講すればいいですか?

志望大学、受験までの時期、受講者様の学習ペースもありますので、個別に提案をしています。目安としては、高校1~2年生は月に2コマ、高校3年生が、毎週一回、月4コマとお考え頂ければと思います。ただし、受験期が近い等の場合は、緊急対策講座を実施しておりますので、この場合も個別に受講スケジュールをご提案させていただいております。

 

自習室はありますか?

自習室の用意がございます。授業時間外にも教室にて学習を進めることができます。

 

教室見学や相談に予約は必要ですか?

ご見学やご面談は、完全予約制となっています。必ず事前の予約をお願い致します。

 

授業は何分授業ですか?

1コマ120分授業です。120分という長い指導時間は、与えられたテーマについて何を考えるか、どう考えるかという思考法を講師との本気の対話をとおして、磨き上げることに用いられます。

 

小論文以外の科目も教えてもらえますか?

小論文以外の他科目の対策をご希望なされる方は、雄飛教育グループ 『部活両立現役合格専門塾 文武修身塾』にてご相談を承っております。

 

欠席時に振替はできますか?

事前のご連絡をいただいた場合に限り、可能です。

 

 

ご相談・ご入会について

下記ページのお問合せフォームからご相談・ご入会希望のお申し込みをお願いいたします。無料にて対策相談、あるいはご面談をさせていただきます(遠方の方もオンラインでのご面談を承っております)お気軽にお問い合わせください。

 

 

【全国対応】潜龍舎オンライン指導風景

 

【全国対応】大学入試 小論文 模範解答作成を請け負います

 

 

各大学専科講座

【全国対応】早稲田大学 政治経済学部 グローバル入試 対策講座 【模範解答】

【全国対応】慶應大学 法学部 FIT入試 専門対策講座

【全国対応】慶應義塾大学 AO入試対策講座

【全国対応】上智大学 推薦入試(公募制) 対策講座

【全国対応】東京女子大学「知のかけはし入学試験」対策講座

【全国対応】國學院大學 公募制自己推薦(AO型)入試 対策講座

【全国対応】順天堂大学 AO・推薦入試対策 「私の順大プラン」・小論文

【全国対応】明星大学 教育学部 AO入試 小論文 対策講座【模範解答】

【全国対応】女子栄養大学 アクティブ・ラーニング入試 対策講座

【全国対応】東洋大学 公募推薦入試 対策専門講座

【全国対応】埼玉大学 推薦入試 対策講座

上記講座は対策講座の一部です。

上記以外の大学の総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜 対策もお任せ下さい。

 

 

  代表プロフィール

 

 

佐藤陽祐

博士(哲学)中央大学
潜龍舎代表・主幹講師
中央大学文学部兼任講師(2017年4月より)

中央大学文学部哲学科卒業
中央大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了
同大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程修了

専門:A.N.ホワイトヘッドを中心とした現代哲学。

人間の経験、意識、言語といった問題に興味があり、

集中的に取り組んでいます。

 

メッセージ

君の志望校の一般入試や総合型選抜(AO入試)・学校推薦型選抜(推薦入試)に小論文が課されている。

君はまずどうするだろうか。

 

学校の先生に見てもらおうと思うのではないか。俺もそうだった。

 

俺はどうしても入りたい学科があった。

学部ではなく、もう学科まで決まっていた。

中学から決めていた。

俺には学びたいことがあったのだ。

 

当時、担任の古文の先生に、志望校が課す小論文の練習を

何度か俺は見てもらった。

 

その大学の課す小論文は、

文章を書くことを苦には思わないようになっていた

当時の俺でもかなり難しいと思った。

 

でも、その先生は文章の「て・に・を・は」(要するに助詞だ)や、

全体の構成は直してくれたけれど、

 

内容をこうしたらいいということや、

そもそも何を書くべきかというアイデアの発想

の仕方などを教えてくれることはなかった。

 

それらは、俺が一番知りたいことだった。

高校時代から6年後、俺は大手の進学塾で働いていた。

 

俺は当時、英語や現代文を教えていた。

時期が来るとポツポツAO入試や推薦入試を受ける子も出てきて、

俺はいろいろな学部・学科の小論文や志望動機書を

見てくれとお願いされるようになった。

 

生徒たちが皆一様に言うのは

「学校の先生はちゃんと見てくれないから…」ということだ。

 

俺が17のときから、何も変わっていないのだった。

 

それからさらに5年後、俺は中学のときに学びたいと

思ったことについて論文を書き、研究者となった。

 

驚くべきことに、再び小論文指導の場に戻ってきたときに、

学校の先生の小論文の指導はまだ変わっていなかった。

 

さらには、大手塾の先生方の教える小論文の添削が

どんなにお粗末なものかを知ることにもなった。

 

皆が持ってくる小論文や志望動機書が

学校や大手塾でどんなふうに扱われているのかが、

俺にはよくわかるようになってしまったのだ。

 

17の俺にはわからないことだったけれど、

今はものすごくよくわかってしまう。

 

小論文講座を取ってくれた生徒たちに必ず最初に聞く質問がある。

 

「高校に入ってから、原稿用紙3枚上の文章を書いたことがあるか。」

 

今のところ、ほぼ例外なくこの質問に対する答えは、NO だ。

 

そんな生徒たちが初めて書く小論文は、

中学生の作文に毛が生えたようなもの…。

 

いやそれどころか、小論文にはほど遠く、

ジャンル不明で得体のしれない、

読むのもおぞましい何らかの文章的なものが提出されてくる(笑)。

 

別に悪口を言いたいわけではもちろんない。

 

皆が通っているほとんどの高校で作文、

あるいは文章を書く訓練をさせる授業はないようだ。

 

さらに、一定量以上の文章を記述する訓練を

指導してくれる先生そのものがいない。

 

たとえ先生がいたとしても、残念ながら、

その先生の時間や能力や体力も、

もしかしたらないのかもしれない。

 

俺が17のときから変わっていない。

 

だから仕方ないのだと言って、大手の塾や予備校に行く。

 

そこで待っているのは、

合格水準も知らないで指導行う学生講師たちだ。

 

潜龍舎は、今後求められる高校教育を先導すると自負している。

 

なぜなら、2020年以降の入試制度改革により、

小論文が一般入試で

標準的に課されるようになることが決定しているからだ。

 

そのような状況の中で、われわれが担う仕事は、

将来の日本の教育制度を支え、リードしていく、

非常に意味のある大きな仕事だと考えている。

 

だから、どの講師も生徒と伴走し、

生徒の力を伸ばすことに全力を傾ける。

 

小論文講座を受講してくれる生徒たちは、

文章を書く機会をそれまで持ってこなかった人たちばかりだ。

 

小論文講座では、そんな生徒たちに容赦なくダメ出しをしつつも、

具体的なアドバイスによって鍛え、さらには合格に値する

「格」に見「合」った文章力を身に着けてもらう講義を展開する。

 

一般入試、推薦入試、AO入試等、様式の違いに関係なく、

小論文、志望理由書、自己推薦書等、文章を書く必要性がある人は、

ぜひ積極的に、そしてできるだけはやく小論文講座の受講をしてほしい。

 

潜龍舎のミッション

言葉の力の復権。
言葉によって世界を変える。
言葉によって人生を変える。
概念の創造。

「潜龍」は易経に出てくる言葉です。これから世に出て事を為す前にじっと耐えて力をつける時期の在り方を潜龍と呼びます。いずれ大きな龍となるべき志のある人間が集う学び舎という意味が、当塾の名称に込められています。

 

【まずは無料コンサルティングから】
友だち追加
 

潜龍舎代表ブログはこちら↓

https://www.yu-hikai.com/category/senryuu

 

潜龍舎 大学受験 進学先

2018

慶應義塾大学 法学部

同志社大学 心理学部

愛知医科大学 医学部

順天堂大学 医療看護学部

京都府立医科大学 医学部看護学科

奈良県立大学 医学部看護学科

 

2019

慶應義塾大学 法学部(FIT入試)

東京学芸大学 E類教育支援課程 ソーシャルワークコース

東京学芸大学 E類教育支援課程 表現教育コース

横浜市立大学 国際商学部

京都教育大学 教育学部 数学領域専攻

独協大学 外国語学部 英語学科

日本女子大学 文学部 史学科

順天堂大学 スポーツ健康科学部

順天堂大学 スポーツ健康科学部

順天堂大学 保健看護学部

大東文化大学 スポーツ科学部

国際武道大学 体育学部

 

2020

早稲田大学 基幹理工学部 学系Ⅱ

慶應義塾大学 通信教育課程 文学部

上智大学 神学部 神学科

上智大学 文学部 英文学科

青山学院大学 地球社会共生学科

東洋大学 ライフデザイン学部人間環境デザイン学科

津田塾大学 学芸学部 国際関係学科

東京女子大学 現代教養学部 心理・コミュニケーション学科

国士館大学 体育学部 スポーツ医科学科

 

2021

東京学芸大学 教育学部 B類 中等教育教員養成課程 理科専攻

東京学芸大学 教育学部 C類 特別支援教員養成課程

慶應義塾大学 総合政策学部

上智大学 総合人間科学部 社会福祉学科

明治大学 商学部

東洋大学 ライフデザイン学部 生活支援学科

東京女子大学 現代教養学部 国際英語学科

日本女子大学 人間社会学部 社会福祉学科

日本女子大学 家政学部 住居学科

日本体育大学 スポーツ文化学部 スポーツ国際学科

白百合女子大学 人間総合学部 児童文化学科

白百合女子大学 人間総合学部 児童文化学科

白百合女子大学 人間総合学部 初等教育学科

玉川大学 芸術学部 メディア・デザイン学科

北里大学 看護学部

目白大学 保健医療学部 理学療法学科

帝京科学大学 医療科学部 理学療法学科

 

 

 

 

 

 

 

 

小論文/志望理由書の対策指導 圧倒的文圧で「合格する答案」の作成方法を伝授します!

合格答案の水準を熟知した添削と学校や大手塾の先生にはできない個別の指導によって、書く訓練を「まったくしたことがない」君の小論文を合格答案に!

Facebook Twitter