CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 雄飛会塾長ブログ > 中学受験 VS 浦高受験 ④

中学受験 VS 浦高受験 ④

さて、「中学受験 VS 浦高受験」も最後です。

 

浦高受験を前提として、

中学受験を勉強してきた浦高生の割合は結構多いです。

 

浦高が第一志望で、

中学受験の勉強を利用して頭を鍛えようということですね。

 

聡明な親御様が多い気がします。

 

サッカーなどのスポーツでも

小5・小6はゴールデンエイジといい

最も成長する時期と言われています。

 

勉強でも同じ時期がゴールデンエイジです。

 

浦高受験を前提として、

余裕を持って勉強をして、頭を鍛えることをお勧めします。

 

勉強に対する姿勢・興味・関心を育てる。

机に座って、課題をやるという習慣を育てる。

復習をして、テストで結果を出すという意識を育てる。

 

時間内に知識を覚える感覚、

頭を使って問題を解くという感覚、

知識を利用するという感覚、

ひらめくという感覚、

記述力、読解力、語彙力、論理力、思考力、

図形的センスなどなど

 

短時間には成長しない部分をゴールデンエイジに育てましょう!

 

ゴールデンエイジに詰め込んで能力をつぶすことなく、

余裕をもった学習をすることで、

中学校に入ってから最上位に行く能力を育てて欲しいと思います。

 

ここからは完全に宣伝です(笑)

 

上記の雄飛会の中学受験に関する考えを踏まえ、

雄飛会では小学生の各講座を組み立てております。

 

浦高挑戦!ゆうひキッズ(小1-小4)では、

浦高に合格できるようなお子様を育てることを柱に、

学習習慣を大切に育てる講座をご用意しております。

 

浦高受験準備講座(小5・小6)では、

浦高受験を前提とした中学受験のエッセンスを扱う講座をご用意しております。

是非雄飛会をご活用ください。

 

また、ご相談だけでもお受けしておりますのでご遠慮なくご連絡ください。

 

 

 

https://amzn.to/2Dx3B3E 

 

【新時代の学び方】

独創的なものをゼロから生み出すには
論理的なアプローチと同時に、
論理的思考を牽引し、
行き詰まった論理をブレークするための
アート的プロセスが必要!

人間の能力の差の大部分は
処理能力ではなく

子供がその場でしか経験できない個性的な体験を
積み上げてあげることから生まれる!

さて、塾は新時代に向けて、何ができるか。

 

https://amzn.to/2FJO9mY 

 

 

各学年、若干名の受け入れなら可能です!

お早めに体験授業にお申し込みください。

 

スパルタで厳しいのに生徒の笑顔があふれる塾へ!

向上心あふれる浦高・一女・大宮挑戦者を待つ!

成績を上げるために誤魔化しなく、

真剣に取り組める方のみお問い合わせください。

 

↓ 過去の塾長ブログはこちらから ↓

https://www.yu-hikai.com/category/blog

 

【雄飛会入塾基準】

入塾基準は、 中間期末テスト380点以上、

5科目内申20以上を目安とお考えください。

 

小学生は学校内容がきっちりと理解できること。

 

学校の授業をある程度理解していること

が前提ということです。

 

一から学校の学習内容を

やらなければいけない場合は、

雄飛会の指導スタイルには合わないので

他塾への通塾をお勧めします。

  

覚悟のない奴、

向上心のない奴、

ごまかす奴、

心意気が通じない奴、

言い訳ばっかな奴、

スマホばっかな奴はお断り。

なにより塾にガンガン来る覚悟がない奴はもっとお断り。

あ、あと一柳のギャグが通じない奴ね(笑)

 

 

【雄飛会卒塾生進学先】

 

↓ ↓ 雄飛会合格体験談はこちらへ ↓ ↓

https://www.yu-hikai.com/category/voice

 

県立浦和高校受験専門塾 雄飛会

LINE@始めました。

友達追加をよろしくお願い申し上げます。

  

友だち追加

 

1分で知る雄飛教育グループはこちら↓ ↓ ↓

 

【塾十訓】紹介動画はこちら ↓ ↓ ↓

 

偽ユーチューバー塾長、最新作 ↓ ↓ ↓

 

成績爆裂向上のきっかけ!
塾長直接指導の体験授業お申し込み!

目指せ450点以上!浦高・一女・大宮への第一歩!!
1週間の無料体験授業を英語・数学・国語と受講して下さい。
成績爆裂向上のきっかけを塾長と見つけましょう!
無料体験授業のお申し込みはこちらのフォームからどうぞ。

Facebook Twitter