CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 潜龍舎ブログ > 【全国対応】 ICU 国際基督教大学 総合型選抜 対策講座

【全国対応】 ICU 国際基督教大学 総合型選抜 対策講座

こんにちは。潜龍舎代表の佐藤です。

潜龍舎では、以下、ICU 国際基督教大学の総合型選抜専門の対策講座をご用意しております。

 

I C U 総合型選抜 概要

・英語外部試験

・理数探求型

・I B認定校対象

 

一次選考:書類選考

二次選考:グループディスカッション、個人面接(プレゼンテーションを含む)

 

・英語外部試験

入学願書(志望理由書)

1.ICU に入学することを強く希望する理由を述べてください。

2.ICU で何を学んでみたいですか。あなた自身の希望をその理由も含め述べてください。

3.あなたを学生として受け入れることが ICU にとって重要であると思われる理由を述べてください。

 

小論文(1500字以内)

初対面の人(複数)に、自分の特長を深く、かつ正確に知ってもらおうとする時、あなたは自分の経験を、どのように伝えますか。以下からテーマを一つ選んで書いてください。

【1】あなたに深い感動を与えた人物との出会い

【2】あなたの人生の転機となった経験

【3】あなたの物の見方・考え方に大きな影響を与えた経験

(注)「経験」は、体験、人との対話、芸術との出会い、その他、広く考えて構いません。

 

学校内外における自己活動歴と自己分析(所定用紙※:800字以内)

高等学校在学中に、学校の内外で比較的長期(少なくとも2、3週間以上)にわたり参加した教科外の諸活動を通して、指導者(リーダー)としての自分の資質をどのように評価することになったかを、的確に分析し800字以内で述べてください。

(注)「教科外の諸活動」は、クラブ活動、生徒会、ボランティア活動、自主研究、学外団体や各種コンテストへの参加など、広範に捉えて構いません。

 

・理数探求型

入学願書(志望理由書)

1.ICU に入学することを強く希望する理由を述べてください。

2.ICU で何を学んでみたいですか。あなた自身の希望をその理由も含め述べてください。

3.あなたを学生として受け入れることが ICU にとって重要であると思われる理由を述べてください。

 

学校内外における自己活動歴と自己分析(所定用紙※:800字以内)

高等学校在学中に、学校の内外で比較的長期(少なくとも2、3週間以上)にわたり参加した教科外の諸活動を通して、指導者(リーダー)としての自分の資質をどのように評価することになったかを、的確に分析し800字以内で述べてください。

(注)「教科外の諸活動」は、クラブ活動、生徒会、ボランティア活動、自主研究、学外団体や各種コンテストへの参加など、広範に捉えて構いません。

 

自然科学分野の自主研究や理科課題研究の成果の要約(所定用紙※:1500字程度)

1500字程度で書いてください。図表(A4 片面 1枚)を別添しても構いません。

 

 

・I B認定校対象

入学願書(志望理由書)

1.ICU に入学することを強く希望する理由を述べてください。

2.ICU で何を学んでみたいですか。あなた自身の希望をその理由も含め述べてください。

3.あなたを学生として受け入れることが ICU にとって重要であると思われる理由を述べてください。

 

課題論文(Extended Essay)の内容と成果(見込み)の要約(所定用紙※:日本語 1500字以内)

 

学校内外における自己活動歴と自己分析(所定用紙※:日本語 800字以内)

IB の使命や学習者像を実現するために、高等学校在学中に、どのようにCAS(創造性・活動・奉仕) に取り組んだか、また、それによって自分の資質をどのように評価することになったかを、的確に分析 し800 字以内で述べてください。

 

 

 

志望理由書・活動歴報告書 作成指導

志望理由書には、合格するために必要な要素があります。これらの要素は「7つの観点」に分けられ、潜龍舎では「7つの観点」を記述に盛り込む指導(「7つの観点メソッド」)を行い、「合格する志望理由書」を作成できるように指導いたします。ノウハウもなく志望理由書を「それっぽく」作成するだけでは、総合型選抜では合格を勝ち取ることはできません。大学が提示するアドミッション・ポリシーを理解するところから始め、生徒の将来も見据えた「合格する志望理由書」作成指導を行います。

 

「添削×アドバイスレポート×対面セッション(120分)」

 

添削やアドバイスレポートによる作成指導に加えて、受講者の志望や考えを、毎回120分間の長いセッションにおいて、インタビュー形式で解き明かしていき、もっともコアとなり、受講者のオリジナルな志望理由を志望理由書に反映させていく作業をじっくりと行っていきます。受講者の一番深い部分、幼少期からこれまでの生き方、そして将来の展望を言語化し、共有しながら、受講者と「ともに」志望理由書作成を行っていきます。当然、指導は個別対応となります。また、大学さらには各学部のアドミッションポリシーを正確に把握し、受講者がポリシーに適合し、大学側が絶対に取りたいと思う人物であることをアピールする「攻める」志望理由書を作成します。その結果、潜龍舎の指導の下で作成した受講者の志望理由書は、唯一無二かつ圧倒的文圧を備えた合格するための志望理由書となるわけです。

 

 

小論文・課題論文作成指導

高校生活の中で継続的にレポート作成や文章を書く訓練をしていない受験生の文章作成能力は、正直、中学生のままです。したがって、対策は必須となります。※アカデミック・スキルに熟達したスタッフをそろえる潜龍舎で今すぐに対策を始めましょう!潜龍舎がもっとも得意とする対策であり、テーマの選定から具体的なレポートの作成法、記述の仕方、添削指導まで行います。論理的かつ明快なレポート作成に加え、独創的な視点を提示するための発想法を指導いたします。

 

※アカデミック・スキルとは、研究機関としての大学において、学問をするための種々の技法のことです。たとえば、講義ノートのとり方、専門書などの「テキスト」の読み方、図書館・インターネットなどによる情報収集の方法、レポート・論文の書き方、研究発表などのプレゼンテーションの方法、課題発見・解決のための思考法などが挙げられます。学生、研究者に求められるこうしたアカデミック・スキルを知らずに、AO入試の対策をすることは不可能です。

 

 

面接・プレゼンテーション対策指導

事前課題の質疑応答に加え、自己PRも含む対話的なプレゼンテーション試験が行われます。決められた評価項目に沿って質問・回答が進められます。したがって、事前課題提出後も試験日までは、課題図書ならびに関連書籍を読むなど、準備をしておくことが肝要です。当然、事前課題レポートの内容において想定される質疑について、応答する練習をしておく必要があることは言うまでもありません。潜龍舎では、専門スタッフが事前課題や志望理由書から、想定される質問、さらには試験以上に厳しかったり、難しい問いも含めた質問を行い、対話としてのプレゼンテーションの訓練していきます。

大学側が提示する評価のポイントに従い、就職試験でも通用する面接の技術を指導しています。とはいえ、テクニックに終始することなく、コミュニケーションの根本から考え、受講者に体得してもらいます。すなわち、人に何かを伝えるときに最も効果的かつ重要なことはいったい何なのかを考えながら、本質的なコミュニケーションのあり方を模索、工夫することによって、受講者自身の個性や魅力が輝く「攻めの」面接を行えるように指導します。

 

 

潜龍舎ご案内(各種コース&受講料金等)

 

 

ICU総合型選抜の出願開始は、9月です。4月から対策を開始したいところです。また、小論文や課題論文なども、これまで小論文対策などを行っていないとなると準備に相当の時間を要します。早期の対策が合格の鍵となります。弊塾をご利用いただけるメリットや強みは以下のページで述べておりますので、よろしければご参照ください。

 

【全国対応】受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(小論文編)

 

【全国対応】受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(総合型選抜・学校推薦型選抜 対策編)【合格体験記】

 

 

また、以下のように総合型選抜・学校推薦型選抜の対策指導を行う大手塾さん、たくさんあります。ICUの総合型選抜の対策指導、みなさん当然行っています。

 

Loochs義塾

早稲田塾

トフルゼミナール

洋々

モチベーションアカデミア 

etc.

 

この時期は、各大手塾さんもセミナーやら説明会やら実施していますので、のぞいてみてくださいね。ちなみに弊塾のセミナーは下記のとおり。

【全国対応】総合型選抜/学校推薦型選抜 合格プログラム オンラインセミナー【参加無料】

 

弊塾が以上の大手塾さんと異なるのは、学術論文を執筆する現役の哲学研究者であり、大学教員でもある代表の佐藤が、入試審査官である大学教員のニーズを知り尽くし、アカデミズムの立場から指導を行う点にあります。大学における学問や研究の観点から志望理由書作成指導や小論文指導を行う点が、他塾の指導者とは明確に異なり、大きな強みであると言えます。

また、弊塾の特徴としては、一対一の完全個別指導です。大手塾のなかには、指導者一人で複数生徒の指導を同時間内に行うところもあるようです。しかし、過ごす時間や指導の密度は当然、個別指導のほうが高くなります。さらに、指導時間以外にもLINEやメールなどで随時質問対応が可能です。生徒との連絡を密に取りながら、生徒とともに伴走して臨むスタイルが弊塾の大きな特徴だと言えます。まとめましょう。

 

潜龍舎の指導の強み

1.大学教員のニーズを知り尽くし、アカデミズムの立場から指導を行う。

2.完全個別指導+随時質問対応可能

3.生徒の将来を考え、生徒の問題や課題に寄り添った指導を行う。

 

ICU志望者のみなさん、ぜひ、大手塾さんも見ていただいたうえで、弊塾のご利用をご検討いただければと存じます。しかし、潜龍舎では、職人気質の極めて強いプロのスタッフが、一人一人の生徒に、時間をかけて、丁寧に小論文や志望理由書、面接等の対策を行います。したがって、指導できる生徒数に限りがありますので、お早目のご相談、ご入会をお願いいたします。

 

オンラインでの無料ご相談・ご面談のお申し込みはこちら

 

 

 

総合型選抜 / 学校推薦型選抜 受験予定者 推奨参照記事

【全国対応】小論文無料体験指導&《総合型選抜 / 学校推薦型選抜 合格奪取戦略構築大相談会》受付開始!

高校1,2年生ならびにその保護者の皆様へ―総合型選抜 / 学校推薦型選抜 対策はもう始まっている―(全3回)

チャンスをいかせ!私大合格者の半分は総合型選抜 / 学校推薦型選抜 受験者です!

総合型選抜 / 学校推薦型選抜に対する誤解

総合型選抜・学校推薦型選抜を受けようと考えている受験生へ【総合型選抜・学校推薦型選抜 対策方法の鍵】シリーズ

AO・推薦入試(総合型選抜)に向いていない人

受験生が潜龍舎の指導を受けるべき3つの理由(AO・総合型選抜 / 学校推薦型選抜 対策編)

これから志望理由書を作成するあなたへ【総合型選抜 / 学校推薦型選抜 対策】

「勝つための」志望理由書をつくるために

【「合格する」志望理由書の作り方」】シリーズ

合格する「志望理由書」の作り方、YouTube公開開始!

その志望理由書で本当に大丈夫?

総合型選抜・学校推薦型選抜 合格したいなら早期対策を!—合格の秘密①—

総合型選抜・学校推薦型選抜 合格したいなら早期対策を!—合格の秘密②—

総合型選抜・学校推薦型選抜 合格したいなら早期対策を!—合格の秘密③—

 

 

潜龍舎ご案内

 

【全国対応】潜龍舎オンライン指導風景

 

【全国対応】大学入試 小論文 模範解答作成を請け負います

 

 

2021年度雄飛教育グループ大学受験部門

合格速報!

 

 

潜龍舎 大学受験 進学先(2018-2020)

2018

慶應義塾大学 法学部

同志社大学 心理学部

愛知医科大学 医学部

順天堂大学 医療看護学部

京都府立医科大学 医学部看護学科

奈良県立大学 医学部看護学科

 

2019

慶應義塾大学 法学部(FIT入試)

東京学芸大学 E類教育支援課程 ソーシャルワークコース

東京学芸大学 E類教育支援課程 表現教育コース

横浜市立大学 国際商学部

京都教育大学 教育学部 数学領域専攻

独協大学 外国語学部 英語学科

日本女子大学 文学部 史学科

順天堂大学 スポーツ健康科学部

順天堂大学 スポーツ健康科学部

順天堂大学 保健看護学部

大東文化大学 スポーツ科学部

国際武道大学 体育学部

 

2020

早稲田大学 基幹理工学部 学系Ⅱ

慶應義塾大学 通信教育課程 文学部

上智大学 神学部 神学科

上智大学 文学部 英文学科

青山学院大学 地球社会共生学科

東洋大学 ライフデザイン学部人間環境デザイン学科

津田塾大学 学芸学部 国際関係学科

東京女子大学 現代教養学部 心理・コミュニケーション学科

国士館大学 体育学部 スポーツ医科学科

 

 

潜龍舎LINE@にて、慶應大学小論文対策、

AO入試、FIT入試等についてご相談、質問等

随時お受けしております。友達追加の上、

お気軽にお問い合わせください。

友だち追加

 

オンラインでの無料ご相談・ご面談のお申し込みはこちら

 

 

潜龍舎 小論文『十の奥義』

 

オンラインでの無料ご相談・ご面談のお申し込みはこちら

 

【AO・推薦入試小論文対策専門塾 潜龍舎】AO・推薦入試対策 相談受付中!

小論文を中心にアカデミックスキルに熟達した専門スタッフが指導するAO・推薦入試対策専門塾。双方向通信システムZOOMを用いた全国対応。「志」のある受験生のみなさん、学校の先生や予備校のスタッフにはできない専門指導によって、適切な対策を行いAO・推薦入試に臨み、合格を勝ち取りましょう。

Facebook Twitter