CONTACT
ご相談フォーム
048-796-7782
CONTACT
ご相談フォーム >>
電話で相談する >>
048-796-7782
浦和高校受験専門塾 雄飛会 | 浦和高校合格 埼玉の高校受験へ徹底指導 > 文武修身塾ブログ > 【浦和高校】文武修身塾活用法!(習慣の力の活用を)【早稲田大学商学部】

【浦和高校】文武修身塾活用法!(習慣の力の活用を)【早稲田大学商学部】

 

前回までの記事はこちら ↓ ↓ ↓

【浦和高校】文武修身塾活用法!(赤本の目標設定)【早稲田大学商学部】

【浦和高校】文武修身塾活用法!9月スタート編(模試の徹底分析から現役合格を掴む)【早稲田大学商学部】

 

現役合格のための2学期以降のモチベーション!②

 

習慣によって勉強量は変化する

 

抜粋

2学期は文化祭があったり、

学校が始まって友達と顔を合わせたりと、

中だるみもしやすい時期ですが、

そこはオンオフの切り替えを明確にした方が良いです。

 

僕は学校が終わったら、すぐに塾に行っていました。

それを毎日のルーティンにして、

いいリズムが生まれたと思っています。

 

 

カジヤ先生より

 

人は易きに流されやすい。

 

どうしても楽しい時間が続くと、

そこに居座りたくなるものおだ。

(自分にも思い当たる節は、かなりある(笑))

 

しかし、そういったことは習い性になる。

 

例えば、放課後1時間だらだらと過ごすとする。

それを100日続ける。

すると100時間だらだらと過ごしてしまうことになる。

 

気分転換も大事だけど、

転換しまくりじゃねぇか!

というツッコミを頂くことになる。

 

極端な例だけども、

習慣やリズムの蓄積の影響は、

時間的数字にしてみると、かなり大きい。

 

「学校が終わったらすぐに塾に行く」

ということはシンプルだけども、

勉強時間を確保するという良きルーティンになる。

 

勉強時間を増やすのも、

受験生が工夫すべき一つの課題なのだ!

 

現役合格フローチャート!

 

より塾の雰囲気や教務力を知るためのブログ

 

西高ギャルから法政ギャルへの挑戦!

 

市立浦和から華麗に早稲田合格を決める話

 

文武修身塾:浦高勢、早稲田制圧のお話

 

慶應義塾大学に合格するお話

潜龍舎の小論文対策指導を3年間受け続けて、慶應義塾大学に合格するお話【合格体験記】

 

早稲田大学 スポーツ科学部 小論文 について

【オンライン・添削指導・個別指導】早稲田大学 スポーツ科学部 小論文 について【一般入試&自己推薦入試】【模範解答】

 

雄飛教育グループ:大学受験部門

↓ 文武修身塾ブログはこちら ↓

https://www.yu-hikai.com/category/bunbu

↓ 潜龍舎ブログはこちら ↓

https://www.yu-hikai.com/category/senryuu

 

合格奪取戦略構築大相談会実施しています!

個別授業、徹底演習道場の体験受付中です!

お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

【部活両立現役合格専門塾 文武修身塾LINE公式】

友だち追加

  

雄飛教育グループ:大学受験部門

オンライン【入塾説明会】文武修身塾×潜龍舎

 

君の現状から志望校までの距離と残り時間から圧倒的受験戦略を一緒に構築します!

逆転合格へ向けて、やるべきことを明確にプランニングします!まずは受験戦略構築面談へお申し込みください!結果を出す一流の選手には、必ず優秀なコーチが付いています!一緒に取り組もう!

    Facebook Twitter